浮気夫が不倫相手につく8つの噓

浮気・不倫・嘘

浮気をする夫が、不倫相手との関係を継続するために、どのような会話をしているのか考えたことはありますか?
浮気や不倫をする夫は、罪悪感を持ちつつも、妻と不倫相手の両方に嘘を重ねます。

この記事を読むあなたの夫が浮気をしている場合、夫が相手女性にどのような嘘を言っているのか知っていたほうが良い場合があります。
また、もしもあなたが誰かの不倫相手であるとしたら、以下のような言葉を言われていないか、チェックしてみてくださいね。

1.妻とは離婚する

この言葉を鵜吞みにして、何年もじっと日陰の身で待たされている浮気相手、また言葉を信じて付き合い続け、妊娠の末に出産した不倫女性もいます。

「妻とは離婚する」と言いつつ、何の進展もみられず1年以上経過するようならそれは「嘘」かもしれません。
浮気夫は、ただ単に、浮気相手=遊び相手 と考え、非日常を味わったり快楽の時間だけが欲しいのかも知れません。
この言葉を信じ、「いつか奥さんと離婚して私と結婚してくれる」と、不倫関係がやめられない相手女性も多いようです。

2.妻が離婚に同意してくれない

「離婚話は出しているけど、妻が同意してくれない」「だから今は離婚できないんだ」大体こんな感じですよね。

自分は誠意を見せているけど、現実が付いてこないから仕方がないんだよとでも言いたいのでしょう。
不倫相手の女性がこの言葉を言われたら、どちらにしても2人の将来は見えないという事です。嘘にしても真実にしてもね。

3.妻とはセックスレスだ

こちらもあるあるです。「妻の身体は魅力がない」「妻とは家族になってしまって、お互いにその気になれない」などと言って浮気相手を安心させているようなのです。
ところが妻とは並行してセックスをしているので、同時期に妊娠出産をしているなんていうケースもあります。

ただ、日本ではセックスレスの夫婦が大変多いのが現状です。
2020年に全国満20~69歳の男女に対しアンケートをとった「性」の大規模実態調査『【ジェクス】ジャパン・セックスサーベイ2020』によると、この1年間でのセックス回数の質問では、男性の41.1%、女性の49.5%が「1年以上していない」と回答しています。

さらに、セックスレスという視点からみると男性の61.6%、女性の64.2%が該当し、男女共に年齢が上がるにつれてセックスレスが増加、「1年以上セックスしていない」と答えた平均値は、男性は平均8.7年、女性は平均9.6年という結果でした。

夫婦生活の中でもスキンシップはとても大切な役割を担っています。
愛情表現のひとつとして、スキンシップを軽んじない事です。

4.妻のことは好きじゃない

「妻のことは好きじゃない、子どもがいるから仕方なく一緒にいる」こんな風に言われて妙に安心してしまう相手女性もいるのではないでしょうか。

しかし、浮気夫は本当に妻のことを好きじゃないのでしょうか?
もしも、仮にそれが事実だとしたら、妻との関係を変えるために浮気夫は何らかの行動を妻に対して起こしているのでしょうか。

妻の存在を否定しながらも、どっちつかずでのうのうと浮気を続ける男性は「自分のことしか好きじゃない」のかも知れませんね。

5.仕事が忙しい

浮気相手と会うことが億劫になった、面倒になった、家族との時間を大切にしたくなったなど心境の変化で「仕事が忙しい」といって浮気相手と距離を取ろうとするケースがあります。

他に「転勤になった」「出張でしばらく会えない」など、仕事を理由に急に会えない期間が続くようなら噓の可能性があります。

元々、既婚者である者と浮気相手の逢瀬はそう頻繁に重ねることは出来ないかと思いますが、それでも不倫夫が浮気相手に夢中だった頃は、例え短時間でも会う時間を捻出していたはず。

仕事を理由に会えないことを正当化しフェイドアウトすれば、誰も傷付かないと思っている男性心理の表れでもあるのかも知れません。

6.家族が病気になった

「仕事が忙しい」と同様、「子どもが病気になった」「親が倒れた」などと言って浮気相手との距離を置こうとする浮気夫がいます。

勝手に病気や事故にされた側はたまったものではありませんが、嘘を重ねることが平常化している浮気夫は、この程度はなんてことありません。息を吐くように嘘を吐きます。

言われた側は「子供が病気なら会えなくても仕方ない」と思うでしょうし、親が倒れたと聞けば浮気相手の身分であっても心配はするでしょう。
いずれそれが嘘だとわかった時の気持ちなど考えていないのかも知れませんね。
このような噓はつくものではありません。

7.いつか一緒になろう

「いつかって、いつですか?」という話ですが、このいつかを信じて待ってしまう浮気相手の多いこと・・・。
予定は未定、未来のことなど誰にも分らないのですから、すでに家庭のある既婚者の「いつか一緒になろう」ほどあてにならないものはないのです。

甘い言葉に身を任せてしまい、最終的には誰も幸せになれなかったという話はゴロゴロしています。

妻側も、浮気相手の女性がいつまでも夫にしがみ付いているとしたら、夫はこんな甘い言葉を囁いて浮気相手も騙されているんだなと考えてみてください。

8.妻に浮気がバレた

「妻に浮気がバレた」イコール「もう終わりにしよう」です。

さらに、この言葉が嘘ではないとしたら浮気相手は妻から慰謝料請求されますし、不倫した側(有責配偶者)からの離婚請求は認められないことになっていますので、妻が認めなければ浮気夫は離婚も出来ません。
どちらにしてもアウト。
既婚者との恋愛なんてするものではありません。

さいごに

世の男性すべてが浮気をするとは限りません。
ただ、浮気願望が一切ない男性はいないのではないかと思います。

では、浮気をする夫と浮気をしない夫の違いはどこにあるのでしょうか。

妻への愛情の深さと信頼関係、夫婦がお互いに思いやる気持ちを表出すること、スキンシップが満たされていること。
夫婦によって形は違うと思いますが、コミュニケーションがしっかりと取れている夫婦は、浮気問題にまで発展することがあまりありません。

浮気をされた側は、どうしても被害者意識を持ってしまうので、相手を責めたり、「私がダメだから」と自己否定に陥ることがあります。
その後、心の回復とともにようやく「自分にも改める部分がある」「私にも至らない部分があったから」と気付きがあり修復へ進んでいきます。

悪質な浮気や度重なる浮気の場合は離婚を視野に入れることもありですが、夫婦の問題においてどちらか一方だけに非があるということはあまりありません。
浮気をしない・されない夫婦関係を構築し、愛される喜びや安心感を再び手に入れて欲しいと思います。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

あなたが愛に飢えていると感じていたら読んで下さい
あなたが愛に飢えていると感じていたら読んで下さい

愛されない、と思っているあなたへ 【愛されたかったら、まずは自分を愛すること】が大切なのですが 「自分を愛するってどうやって?」と分からなくなっている事も。 今まで自分の気持ちをどこかに置いてきてしまい、 ついつい周囲に …

突然「離婚したい」と言われたら!
突然「離婚したい」と言われたら!

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。突然、夫(妻)から「離婚したい」と言われたら、あなたならどうしますか?「昨日までそんな素振り見せなかったのに・・・」「いったい何が起こったの?」「明日から私と子どもたち …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …

【相談事例】しあわせになるのが怖い
【相談事例】しあわせになるのが怖い

結婚1年、30代女性、子ども1人 連れ子再婚しています。今の夫はバツイチ子なしです。 私の離婚理由は、度重なる前夫の浮気と酒乱による暴力でした。 毎日が不信感と恐怖心で、自分が安堵する場所もなくなり そのうち前夫は子ども …

産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・
産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・

産後うつとは 産後うつと産後クライシスは違います。 産後クライシスは、新しく赤ちゃんが家族に加わり、夫の理解不足や 妻のホルモンバランスの変化などの理由が積み重なることで、 これまで感じなかった夫婦の亀裂が入ることをいい …

離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。
離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。

衝動的に離婚をしてしまうことは、今後の生活の為にも子どもの為にも良いとは言えません。 売り言葉に買い言葉で、離婚話がどんどん進んでしまって後々後悔するなんてことにならないようにして欲しいのです。 離婚がすべてではない! …

DVを受けているかも知れないあなたへ
DVを受けているかも知れないあなたへ

DV(ドメスティック・バイオレンス)の問題は根深く、離婚に直結するような夫婦の相談内容として常に上位を占めています。 現在は、周囲からは分かり難いような家庭内だけでの精神的暴力や、生活費を渡さない、借金を繰り返すなどの経 …

修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。
修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。

修復はしたい。でも・・・ 「一度離れて暮らそう」というようなセリフと共に、安易に別居をしてしまう2人。 信頼関係が築かれた夫婦の別居とは違って、夫婦関係が破綻するか修復出来るかの瀬戸際にいる二人が安易に別居を選択するのは …

愛と執着
愛と執着

誰もが感じたことのある〇〇心。 「わたしはあなたをこんなにも愛しているのに!」 「あなたのために(なにかを犠牲にしてまで)尽くしている」 「あなたが居ないとわたしは辛い」 このような気持ちを、パートナー・配偶者・子・親・ …

【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?
【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?

結婚9年、30代女性、子ども2人。 結婚してからずっと繰り返される夫の女性問題に悩んでいます。 風俗や不特定多数の女性と遊んでいるようで、その都度何度も話し合い、私も「今度やったら離婚」と伝えるのですが全然懲りない夫の不 …