浮気の証拠と慰謝料請求について

慰謝料請求・浮気・離婚

浮気の証拠を掴むために気をつけること

配偶者の浮気が原因で離婚をする場合には慰謝料の請求ができますが、それには証拠が必要です。
専業主婦があまり準備のない中、離婚をするような事態になってしまった場合などは、慰謝料が離婚後当面の生活を支えてくれる場合もありますので、諦めずに慎重に証拠を取れるような状況を作りましょう。

せっかく掴んだ証拠は、感情的になって相手に暴露してしまうことなどないように気をつけたいものですよね。
掴んだ証拠を理由に配偶者を責め立てる、不信感を露わにするなど感情的になるのは控えた方が良いのですが、やはり実際に証拠を目の当たりにするととても傷付きますよね。
証拠探しをする際は「何のために証拠を取りたいのか」という部分をはっきりさせると良いと思います。

浮気=慰謝料発生?

「浮気で必ず慰謝料が貰える」このように捉えがちですが証拠がなければ慰謝料請求は難しいでしょう。

しかし逆に言えば、証拠さえあれば慰謝料請求は出来るのです。
浮気相手の氏名や住まいなどを調査会社に依頼して押さえておくことで、相手方にも慰謝料請求が可能です。
ただ、慰謝料請求には時効があります。
慰謝料請求をするかどうかで迷っている間に時効が成立してしまうことも考えられますので、後悔のないように進めて行けるといいですよね。

慰謝料は、あなたの気持ちを清算し過去を水に流して前向きに進むためのもの。
そうは言っても、残念ながら慰謝料請求の際に「お金が無いから払えない」と言われることもあるかもしれませんね。
その際は分割での請求も可能ですので、諦めずお互いに歩み寄った形で取り決めをすることです。
当人同士で取り決めをすることに不安があるようなら、弁護士に依頼するなど専門家の力を借りてしっかりと進めてまいりましょう。

何のための慰謝料なのか

修復不可能な男女関係のもつれを慰謝料をもって解決と位置付けし『気持ちの整理をつけ前に進むためのもの』が慰謝料請求だと思います。

お互いが次のステップへと進むためにも、請求された側は気持ち良く支払うことがケジメとなるでしょうし、請求した側は気持ちを清算し前進していくためのものとなるでしょう。

慰謝料請求したら、怒りや悲しみを清算してあなた自身のためにも潔く前を向いて進んでいくことがとても大切!
気持ちを切り替えて、あなたの幸せを掴んでいきましょうね。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【お盆限定!半額キャンペーンを実施します!】
【お盆限定!半額キャンペーンを実施します!】

HPを訪れてくださっているあなただけにお知らせです! 夏本番がやってきます! ジメジメとした梅雨空から、カラッとした真夏の空のように あなたのこころも変化するタイミングではないでしょうか? あなた自身が変わること、そして …

ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話
ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話

子連れ離婚をする場合、特に気になるものが「お金」と「支援」かと思います。 今回はひとり親家庭になった時に国や自治体から受けられる手当等について記事にしました。 支援制度は昔に比べると充実しているようにも見えますが、反面、 …

幼稚園から高校までの子どもの教育費と大学進学にかかるお金の話
幼稚園から高校までの子どもの教育費と大学進学にかかるお金の話

人生の三大支出ともいわれる教育費。 シングルマザーにとっては、子どもの教育費は大きな負担です。 子どもが望めば大学も行かせてあげたい・・そんな風に思って頑張っているシングルマザーは多いと思います。 では実際に教育費にはど …

あなたの心が夫の浮気を知った時の対処法
あなたの心が夫の浮気を知った時の対処法

サレ妻という言葉の違和感。 浮気をされている妻を「サレ妻」と呼ぶ風潮がありますが、実際は浮気をさせてあげているのであって、サレ妻なんて呼ばれたくないと心を痛めている女性が多いはずです。 「されている」と「させている」では …

あるDV被害者の話と、その先の未来へ。
あるDV被害者の話と、その先の未来へ。

あるDV被害者の話 「現在、夫から日常的に暴力を受けています。今いちばん心配な事は、それを見て育っている息子が将来DV男にならないかどうかなんです」 「別居する意思はないのですか?」 「はい、今のところは」 「・・・。一 …

修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。
修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。

修復はしたい。でも・・・ 「一度離れて暮らそう」というようなセリフと共に、安易に別居をしてしまう2人。 信頼関係が築かれた夫婦の別居とは違って、夫婦関係が破綻するか修復出来るかの瀬戸際にいる二人が安易に別居を選択するのは …

ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について
ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について

  前回の記事では「ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話」について記事にしました。 今回は【国民健康保険料の軽減、寡婦(寡夫)控除】について詳しく見ていきましょう。 1.国民健康保険料 軽減における、国民健康 …

離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。
離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。

離婚をしたら妻の姓は除籍され、旧姓に戻ります。 でも子の姓は放っておいたら夫の姓のままなのです。 知らずにいると、親権や養育権を取って一緒に住んでいても母子で姓が違っていた・・・なんていうことになってしまうかも知れません …

【夫婦問題でお悩みのあなたへ】
【夫婦問題でお悩みのあなたへ】

あなたが進みたい道は、夫婦再生ですか?失敗しない離婚ですか? 誰だって今よりもっとしあわせになりたいと日々考えているのですよね。 今まで築き上げてきたもの、積み重ねてきたもの、それらすべて本当は何よりも大切な宝物。 「い …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …