あるDV被害者の話と、その先の未来へ。

DV・ドメスティックバイオレンス・DVの連鎖

あるDV被害者の話

「現在、夫から日常的に暴力を受けています。今いちばん心配な事は、それを見て育っている息子が将来DV男にならないかどうかなんです」
「別居する意思はないのですか?」
「はい、今のところは」
「・・・。一定の割合でDVの連鎖はあると言われていますが、子どもにとって安心安全な場所で養育することで、DVの連鎖は防げると言われています」
「(ホッとした声で)じゃあ、私は息子をこのままフォローしていけば大丈夫なんですね!」

あなたは、この会話に違和感を感じましたか?
私はものすごく違和感を感じました。

DV被害者の本当の思い

彼女は、今いるその場所が本当に安心安全な場所だと思っているのだろうか。
まだ幼い息子は、父親が母親に暴力を振るう姿に何を見てどのように感じているのだろうか。
彼女が今いちばん心配な事は、暴力を振るわれている自分でもなく、DVを見て育つ息子の「今」でもなく「将来」だと思っている理由は?
子の前で暴力を受けているのに別居の意思がないのはどうして?

DVされているなら逃げればいいのに!と思うでしょうが、DVの関係性はとても特殊でその関係性をDVだと気付いてもらうことから始めなければならないケースもあるということです。

DV被害者は、洗脳とコントロールでDV加害者に支配された状態になっています。
逃げたらもっと怒られて暴力が酷くなる、相手に逆らうことなんてできない、どこの家庭も夫婦は同じような関係だと思う、暴力的だけど優しい時もある、私には彼しかいない、彼を変えられるのは私だけ、というような歪んだ愛情で関係が構築されています。

身体は訴え続けていた

DV被害者は心では平常を保とうとしていても、DVの環境に居続けることで身体に症状が出ることもあります。

ストレスなどにより免疫力が低下し体調を悪くされてしまうケースもありますし、身体がこれ以上暴力をされまいとして「すでに私の体は不調だからこれ以上危害を加えないで」と言わんばかりに無意識のうちに故障のような体現をしてくることもあります。
DV被害を受けている若く美しい女性が、一見とても健康そうに見えるのに席を立ったら杖をついていた、という状況も何度か見てきました。

私には、彼女たちの身体がなにかを訴えているように見えてならなかったのです。
「思い切ってDV夫から逃げたら、心身ともに少しづつではあるが健康になった」という人も少なくありません。

DV加害者はなぜ妻に暴力を振るうのか

DV加害者はなぜDVをしてしまうのでしょうか?

DV加害者の多くは理想が高く「こうあるべきだ」をパートナーにぶつけ、コントロールが上手くいかないと暴力に発展します。
また、自分の感情を相手に上手く伝えることができず暴力で相手を支配する傾向にある人、幼少期の親子関係の中で支配関係が当然のようにあったなど、平等な人間関係とコミュニケーションを知らないことも原因とされています。

DV被害者はその状況を見極め、身を守る手段を知って欲しいと思います。
離婚を前提とした話し合いをする場合は、自身の安心安全な場所をしっかりと確保してから離婚の意思を伝えること。
離婚の話し合いは2人だけで進めるのではなく、間に誰かが入ってくれると安心ですね。

あなたがあなたらしく生きるために

夫婦は、ほんとうにこのままの関係で良いのか?
理不尽なことをされたり言われたりしていないだろうか?
この夫婦関係は平等だと言えるのだろうか?

DV被害にあわれたと感じている方は、何故そう感じるのかを専門家に相談されると夫婦の本当の姿が見えてくることがあります。
悩んでいる方は、勇気を出して相談機関に繋がってみることをお勧めします。
あなたがあなたらしく輝ける人生になるために。

 

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

離婚は、結婚よりも『慎重』に。
離婚は、結婚よりも『慎重』に。

安易な離婚の先には後悔しか残りません。 あなたがもし離婚を決意したのならば、 『離婚がゴールでは無い』ということをしっかりと頭に叩き込んで 離活をスタートさせましょう。 離婚するのに、なぜ準備が必要なのか 命に危険のある …

夫婦関係修復を邪魔する2つの心理
夫婦関係修復を邪魔する2つの心理

妊娠中に不倫をされてしまった・・・奥様の気持ちを考えると、それはもうはらわたが煮えくり返るような出来事かと思います。 実際、このようなケースは珍しくもなく、妊娠中こそ夫の浮気に気を付けなければならないというのは、結構妊婦 …

離婚したくないと言いながら夫を責め続ける妻。
離婚したくないと言いながら夫を責め続ける妻。

「離婚したくない」「夫を許したい」「修復に向けて頑張りたい」と宣言しつつ、つい夫にファイティングポーズを取り続ける妻たちがいます。 戦う癖が抜けないと、修復宣言をしていても離婚予備軍となってしまいます。 あなたの本心はど …

夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!
夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!

夫婦喧嘩をいつも見せられている子どもは、こころが不安定になってしまいます。 両親が罵り合う姿を見ることで恐怖心と不安感でいっぱいになってしまうのです。 小さな子どもにとっては、両親や家庭が「生活のすべて」。 幼稚園や学校 …

【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!
【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!

結婚15年、子ども2人、夫の両親と10年前から2世帯同居中です。 結婚当初から話し合いの出来ない夫で優柔不断、意思のない無反応タイプ。 全然頼りにならず、代わりにすぐ夫の義両親が間に入ってきます。いつまでも子どものように …

【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています
【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています

結婚18年、40代女性、子どもなし。 性格の不一致や金銭感覚の違いで離婚をする運びとなり協議で進めていますが、飼っている犬をどちらが引き取るかで揉めています。 小型の室内犬で現在10歳と7歳の成犬ですが2匹を引き離すのは …

DVを受けているかも知れないあなたへ
DVを受けているかも知れないあなたへ

DV(ドメスティック・バイオレンス)の問題は根深く、離婚に直結するような夫婦の相談内容として常に上位を占めています。 現在は、周囲からは分かり難いような家庭内だけでの精神的暴力や、生活費を渡さない、借金を繰り返すなどの経 …

ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について
ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について

  前回の記事では「ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話」について記事にしました。 今回は【国民健康保険料の軽減、寡婦(寡夫)控除】について詳しく見ていきましょう。 1.国民健康保険料 軽減における、国民健康 …

高等教育無償化って?給付型奨学金と授業料等減免について。
高等教育無償化って?給付型奨学金と授業料等減免について。

  2020年4月から高等教育無償化がいよいよ開始となります。 無償化といっても何がどう変わるのでしょうか。 今回は「給付型奨学金」と「授業料等減免」についてまとめました。 経済的理由による大学生の中退について …

自分を大切にする、ということ。
自分を大切にする、ということ。

誰かのために自分の気持ちを犠牲にしていませんか? 「夫に大切にされたくて、修復セッションを受けようと思いました。でも、今はそうじゃないんだって思います。私が私を大切にしたい。」 2回目のカウンセリングを受けた女性の言葉で …