”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

夫婦仲を円滑にする・ホルモンの働き・女性ホルモン

ホルモンについての超簡単な説明

そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。
私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりします。

ホルモンの影響で人間は幸せ気分にも成れるし若々しさを保つことだって出来る、いわば私たちの心身を大きく左右する体内物質なんですよね。
楽観的や悲観的になるのも、ホルモンの影響を受けていることだってあるのです。

ヨガやマインドフルネスなどで重要視されている「チャクラ」の中でも特に重要な7つのチャクラは、なんとホルモンを分泌する部位と重なっているのですって。
ということは、ヨガやマインドフルネスはホルモン分泌を整えることで心身を整えているとも考えられますよね。
入口は違えど、すべては繋がっているようで面白いですよね。

夫婦仲を円滑化する為にホルモン利用してみない?

そこで、夫婦仲を円滑にするためにはホルモンを利用してみるのはどうかなと考えたのです。

夫婦関係を修復したい時って、とにかく良いと思われるものをすべて試してみたい気持ちだと思うんですね。
もちろん自分に合うものや無理のない方法を選ぶ事って大事なんですが、ワラをも掴む思いで修復カウンセリングに駆け込んでくるクライアントさん、なぜもっと早い段階で来てくれないのだろう?もっと早く来てくれていたのなら良い結果に繋がるのも難しくないのにって感じることがとても多いのです。

話が少し逸れましたが、そう、ワラをも掴む思いでホルモンを利用してみようよ!っていうわけ。
お金も掛からないしどこでも出来る、なぜなら自分の身体ですからね。
ちなみに、ホルモンの働きを良くするためには、生活習慣の乱れを改善すること。
心身共に健康になって、夫婦関係を改善させてしまいましょう!

夫婦喧嘩を防ぐオキシトシン

オキシトシンは「愛情ホルモン」とか「抱擁ホルモン」とも呼ばれているのです。
スキンシップで生まれるこの愛情ホルモンは、手を繋いだりハグをしたりと簡単なボディタッチで分泌され「愛おしい」という気持ちを高めてくれます。

今さら夫と手なんて繋げない、ハグなんてもっての外・・・なんて思ってしまっても大丈夫。
自分が出来るスキンシップから始めてみましょう。
とにかく簡単なスキンシップでオキシトシンは分泌されるのですから、慣れたら少しづつハードルを高くしていけば良いではありませんか。
嬉しいことにこのオキシトシンは、分泌を促す行動を繰り返すことによって、ますます分泌しやすくなるのですって。
ペットとのスキンシップでもオキシトシンは分泌されるのですが、よくペットをきっかけに夫婦関係が円滑になったという話を聞きますが、コミュニケーションも取れ、オキトシンも分泌出来ているからこその結果なのかも知れませんね。

身も心も活動的になるエストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは「攻めのホルモン」と呼ばれています。
女性ホルモンの1つなのですが、女性ホルモンて加齢とともに減少してしまうので、減少するスピードを緩めていくのが理想。

このエストロゲンの一部は皮膚や脂肪の細胞でも分泌・活躍しているので、肌の美しさや艶っぽい身体を保ちたいなら必須ホルモン。
スキンケアやマッサージで皮膚を優しく刺激することは、女性ホルモンの活性化に繋がるので、ぜひ取り入れたい習慣です。
ホルモン分泌が目的であっても結果的にリラックスする時間を設けることで、女性ホルモンの増加と心身の健康に繋がるのですね。

ただ、エストロゲンが多いほど良いのかというとそうではありません。
エストロゲンが多すぎることでリスクが高まる疾患もあるので、気を付けたいところ。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つがバランス良く保たれていることが大切なのです。

幸福感がもてるセロトニン

セロトニンは心身を安定させて、現状に満足感を与えてくれるので「幸せホルモン」と呼ばれています。
現代人にうつ症状が増えているのは、このセロトニン不足が原因とも指摘されています。
しかも女性の方が男性よりもセロトニンの分泌量が少ないとされているので、情緒不安定になりやすいとも言われているのです。

ではセロトニンを分泌させるにはどうしたら良いのでしょうか?
規則正しい生活を心掛けることが大事で、朝はなるべく同じ時間に起床し、太陽の光を浴びること。
体内時計がセロトニンと深く関係しているのですって。

適度な運動や感動する場面でもセロトニンは分泌されるので、日々の中に軽い運動を取り入れることや小さな感動や感謝の気持ちを持つこともとても大事なことなのですね。

最後に

以上3つのホルモンが、夫婦仲を円滑にさせてくれるであろうホルモンたち。
こうして見てみると、ホルモンの分泌に良いための行動は、私たちが人間らしくしあわせに生きるために良い行動ばかり。
無理なく自然に夫婦関係が円滑になっていくのも頷けます。
夫婦関係が冷え切ってしまってからではなく、是非初期段階のうちに試して頂きたいホルモン効果。
ホルモンの働きによって心身ともに生き生きとした毎日が送れそうですね。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!
【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!

結婚15年、子ども2人、夫の両親と10年前から2世帯同居中です。 結婚当初から話し合いの出来ない夫で優柔不断、意思のない無反応タイプ。 全然頼りにならず、代わりにすぐ夫の義両親が間に入ってきます。いつまでも子どものように …

離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。
離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。

衝動的に離婚をしてしまうことは、今後の生活の為にも子どもの為にも良いとは言えません。 売り言葉に買い言葉で、離婚話がどんどん進んでしまって後々後悔するなんてことにならないようにして欲しいのです。 離婚がすべてではない! …

浮気をされた時に手放すもの、掴みたいもの。
浮気をされた時に手放すもの、掴みたいもの。

最近パートナーの様子がおかしい・・・ パートナーの浮気の証拠を掴んでしまった・・・ こんな時、あなたならどうしますか? 離婚はせずに、夫婦関係修復に向けて頑張りたい、そう決意したときに必要な心構えをお伝えします。 パート …

浮気を繰り返すDV夫と離婚したい。まずはどうしたら?
浮気を繰り返すDV夫と離婚したい。まずはどうしたら?

先日、記事タイトルのようなお問合せを頂きました。 夫が浮気をするようになってから急にドメスティックバイオレンス(DV)夫になった、というケースもあれば、浮気が始まった頃は妙に優しく家族に気を遣うような面があったが、徐々に …

産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・
産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・

産後うつとは 産後うつと産後クライシスは違います。 産後クライシスは、新しく赤ちゃんが家族に加わり、夫の理解不足や 妻のホルモンバランスの変化などの理由が積み重なることで、 これまで感じなかった夫婦の亀裂が入ることをいい …

母子家庭貧困を防ぐために考えること、すべきこと
母子家庭貧困を防ぐために考えること、すべきこと

わたしが女性の貧困問題について学びを深める理由 現在私は埼玉県男女共同参画センター主催の講座で女性の貧困問題やジェンダー論を学んでいます。 約1年かけて様々なテーマの講義を受け、自らも探求したいテーマを課題学習とし、テー …

『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです』という悩み。
『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです』という悩み。

『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです。』と悩んでいらっしゃる方が最近多いのです。 わたしも過去に、長い期間その狭間を行きつ戻りつしていました。 大丈夫、焦らなくても良いのです。 離婚か修復かと悩む時期は精神的 …

修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動
修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動

夫のスマホを見ない! 他にも隠していることがあるのでは?浮気相手の情報が欲しい!どんなやり取りをしているのだろう・・・等浮気が発覚したら考えてしまうこともありますよね。 そんな時、ついつい夫のスマホに手が伸びることがある …

養育費、元夫が死んだらどうなる?
養育費、元夫が死んだらどうなる?

子どもの父親が死亡した場合に起こる問題点 公正証書や調停調書を作成し、養育費に関しても心配のないように離婚を成立させたとします。 しかし、もし子どもの父親が死亡した場合、養育費はどうなるのか考えたことはありますか? 離婚 …

修復を決意した人が、夫婦の関係を良くしたい時に効果的な行動って?
修復を決意した人が、夫婦の関係を良くしたい時に効果的な行動って?

「修復」も覚悟と決断が必要 夫婦関係を良好なものにしたい、愛を与え合える夫婦に戻りたいという方は是非こちらの方法も参考にしてください。 夫婦関係修復を目指し、夫婦再構築することは不可能ではないことです。 でも実際は修復っ …