”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

夫婦仲を円滑にする・ホルモンの働き・女性ホルモン

ホルモンについての超簡単な説明

そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。
私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりします。

ホルモンの影響で人間は幸せ気分にも成れるし若々しさを保つことだって出来る、いわば私たちの心身を大きく左右する体内物質なんですよね。
楽観的や悲観的になるのも、ホルモンの影響を受けていることだってあるのです。

ヨガやマインドフルネスなどで重要視されている「チャクラ」の中でも特に重要な7つのチャクラは、なんとホルモンを分泌する部位と重なっているのですって。
ということは、ヨガやマインドフルネスはホルモン分泌を整えることで心身を整えているとも考えられますよね。
入口は違えど、すべては繋がっているようで面白いですよね。

夫婦仲を円滑化する為にホルモン利用してみない?

そこで、夫婦仲を円滑にするためにはホルモンを利用してみるのはどうかなと考えたのです。

夫婦関係を修復したい時って、とにかく良いと思われるものをすべて試してみたい気持ちだと思うんですね。
もちろん自分に合うものや無理のない方法を選ぶ事って大事なんですが、ワラをも掴む思いで修復カウンセリングに駆け込んでくるクライアントさん、なぜもっと早い段階で来てくれないのだろう?もっと早く来てくれていたのなら良い結果に繋がるのも難しくないのにって感じることがとても多いのです。

話が少し逸れましたが、そう、ワラをも掴む思いでホルモンを利用してみようよ!っていうわけ。
お金も掛からないしどこでも出来る、なぜなら自分の身体ですからね。
ちなみに、ホルモンの働きを良くするためには、生活習慣の乱れを改善すること。
心身共に健康になって、夫婦関係を改善させてしまいましょう!

夫婦喧嘩を防ぐオキシトシン

オキシトシンは「愛情ホルモン」とか「抱擁ホルモン」とも呼ばれているのです。
スキンシップで生まれるこの愛情ホルモンは、手を繋いだりハグをしたりと簡単なボディタッチで分泌され「愛おしい」という気持ちを高めてくれます。

今さら夫と手なんて繋げない、ハグなんてもっての外・・・なんて思ってしまっても大丈夫。
自分が出来るスキンシップから始めてみましょう。
とにかく簡単なスキンシップでオキシトシンは分泌されるのですから、慣れたら少しづつハードルを高くしていけば良いではありませんか。
嬉しいことにこのオキシトシンは、分泌を促す行動を繰り返すことによって、ますます分泌しやすくなるのですって。
ペットとのスキンシップでもオキシトシンは分泌されるのですが、よくペットをきっかけに夫婦関係が円滑になったという話を聞きますが、コミュニケーションも取れ、オキトシンも分泌出来ているからこその結果なのかも知れませんね。

身も心も活動的になるエストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンは「攻めのホルモン」と呼ばれています。
女性ホルモンの1つなのですが、女性ホルモンて加齢とともに減少してしまうので、減少するスピードを緩めていくのが理想。

このエストロゲンの一部は皮膚や脂肪の細胞でも分泌・活躍しているので、肌の美しさや艶っぽい身体を保ちたいなら必須ホルモン。
スキンケアやマッサージで皮膚を優しく刺激することは、女性ホルモンの活性化に繋がるので、ぜひ取り入れたい習慣です。
ホルモン分泌が目的であっても結果的にリラックスする時間を設けることで、女性ホルモンの増加と心身の健康に繋がるのですね。

ただ、エストロゲンが多いほど良いのかというとそうではありません。
エストロゲンが多すぎることでリスクが高まる疾患もあるので、気を付けたいところ。
女性ホルモンは、エストロゲンとプロゲステロンの2つがバランス良く保たれていることが大切なのです。

幸福感がもてるセロトニン

セロトニンは心身を安定させて、現状に満足感を与えてくれるので「幸せホルモン」と呼ばれています。
現代人にうつ症状が増えているのは、このセロトニン不足が原因とも指摘されています。
しかも女性の方が男性よりもセロトニンの分泌量が少ないとされているので、情緒不安定になりやすいとも言われているのです。

ではセロトニンを分泌させるにはどうしたら良いのでしょうか?
規則正しい生活を心掛けることが大事で、朝はなるべく同じ時間に起床し、太陽の光を浴びること。
体内時計がセロトニンと深く関係しているのですって。

適度な運動や感動する場面でもセロトニンは分泌されるので、日々の中に軽い運動を取り入れることや小さな感動や感謝の気持ちを持つこともとても大事なことなのですね。

最後に

以上3つのホルモンが、夫婦仲を円滑にさせてくれるであろうホルモンたち。
こうして見てみると、ホルモンの分泌に良いための行動は、私たちが人間らしくしあわせに生きるために良い行動ばかり。
無理なく自然に夫婦関係が円滑になっていくのも頷けます。
夫婦関係が冷え切ってしまってからではなく、是非初期段階のうちに試して頂きたいホルモン効果。
ホルモンの働きによって心身ともに生き生きとした毎日が送れそうですね。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】別居中の夫から離婚調停を申立てられました
【相談事例】別居中の夫から離婚調停を申立てられました

結婚18年、40代女性、子ども2人 2年前に夫が家を出て、現在別居をしています。 理由は夫の不貞が発覚したことでした。 別居後は一切家庭には寄り付かず、生活費はごくたまに送金してくる程度です。 先日、その夫から突然離婚調 …

【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません
【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません

結婚7年、30代女性、子どもひとり。 夫から突然離婚を迫られました。原因は「性格の不一致」「家事をしない」「教育観の違い」「独りになって考えたい」。 余りに突然で、びっくりしています。 私もフルタイム勤務をしているので忙 …

【コロナ禍】子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)が決定
【コロナ禍】子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)が決定

新型コロナウイルス感染症の流行拡大はとどまることなく、最初に報道を受けてから1年以上が経ってしまいました。 当時はまさかこんなに長引くだなんて思ってもおらず、子どもの卒業式や入学式がことごとく中止となり桜が咲いてもお花見 …

DV夫のために我慢しない、しあわせになる為の離婚方法
DV夫のために我慢しない、しあわせになる為の離婚方法

安易な離婚は、決しておすすめできるものではありません。 しかしその反面、離婚したほうが良いと思われるのに離婚しない、離婚に踏み切れないかたがいるのも事実。 繰り返されるDVは、あなたが期待するほど簡単には治らないのです。 …

人は見た目が9割って本当?見た目を利用してしあわせになる秘訣!
人は見た目が9割って本当?見た目を利用してしあわせになる秘訣!

メラビアンの法則とは! メラビアンの法則をご存知でしょうか? 人が他人と接した時に、どこが強く印象に残るかを実験した 結果を導き出した法則です。 これによると ・見た目、表情 55% ・話し方、声の質 38% ・話の内容 …

夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!
夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!

寒い夜に身体を温め合うヤマアラシのジレンマって? 「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存知でしょうか? 全身を固い針で覆われている2匹のヤマアラシが身を寄せ合いたくて距離を縮めるのですが、お互いの針が刺さって傷付け合って …

夫婦関係修復を邪魔する2つの心理
夫婦関係修復を邪魔する2つの心理

妊娠中に不倫をされてしまった・・・奥様の気持ちを考えると、それはもうはらわたが煮えくり返るような出来事かと思います。 実際、このようなケースは珍しくもなく、妊娠中こそ夫の浮気に気を付けなければならないというのは、結構妊婦 …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …

愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ
愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ

「彼の気持ちが無くなってしまったようです」 「最近、夫の愛情を感じられなくなってしまいました」 「妻が私に無関心のような気がして淋しい」 こんな心の叫びが、日々生まれています。   今の状態に不満? 見方を変え …

依存症の恐怖
依存症の恐怖

連日のように報道されている著名人の薬物依存。 薬物依存の恐ろしさは、一度手にすると抜け出せずただただ転落していくだけなのに、止めたいのに止められず自分が自分でなくなってしまうこと。 身体が、脳が、依存対象に支配されてしま …