少額で始められる「つみたてNISA」で老後の資産を少しでも増やしたい!

つみたてNISA・資産形成・シングルマザー

老後の資産形成をするには「つみたてNISA」や「iDeCo」が適していると言われています。それは一体なぜでしょうか?
シングルマザーが、無理なく老後資金の一部を作っていけるような仕組みがあれば是非知りたい!
今日は、つみたてNISA (積立型の少額投資非課税制度) について簡単に分かりやすくお話をしていきます。

つみたてNISAとは?

つみたてNISA とは、2018年1月からスタートした少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度。
日本に居住する20歳以上の人が利用でき、1人1口座を開設できます。

特徴は、毎年40万円を上限として一定の投資信託を購入でき、保有している間に得た分配金と譲渡益が、購入した年から数えて20年間は課税されません。
非課税で保有できる投資総額は最大800万円となります。

2020年現在では、つみたてNISAは2037年までの制度とされており、2037年中に購入した投資信託についても、20年間(2056年まで)非課税で保有することができるようです。

もっと詳しく知りたい方は、金融庁のサイトにGO! NISAについて詳しく掲載されています。→金融庁のサイト

超初心者にはそれでも良く分からない。口座開設はどうしたらいいの?

つみたてNISAは、コツコツと少額投資からスタートして老後に大きく受け取りたい!という人にはぴったりの長期積立分散投資。
では、始めるとしたらどうしたらいいの?気になりますよね。

つみたてNISAを始めるにあたって注意したいこと。
先述した通り、つみたてNISAは一人一口座しか持てません。
金融機関によって取り扱う商品が異なるため、購入したい商品を扱っている金融機関を選ぶこと。
コストやサービス、過去の実績なども重要です。
自分に合うものをじっくりと比較検討していきましょう。

さて、金融機関を決めたらいよいよ口座を開設します。
つみたてNISA口座を開設する場合、証券会社であれば総合口座も同時に開設する必要があり、銀行であれば総合口座と投資信託口座も同時に開設する必要があります。
つみたてNISA口座は、総合口座の中に別枠で作るようなイメージなんですね。

つみたNISAのメリットとデメリット

この説明だけではまだ良く理解できないし、そもそも投資って「なんか怖い?失敗したら大損するんでしょ?」のような負のイメージから、拒絶反応がある方もいらっしゃることでしょう。

シングルマザーの多くは、日々の生活費や年々負担増になる教育費と食費に追われて「投資」だなんて夢のまた夢、だったりします。
老後資金を増やさなきゃいけないのは重々承知だけど、それを投資で??と考えてしまいますものね。

それならば、つみたてNISAのメリットとデメリットを知っておきましょう!
何よりもコワイのは「無知でいること」ですから。

メリット①非課税で投資が出来る

つみたてNISAでは、毎年40万円の範囲内で積立投資ができ、最大20年間にわたり運用益に税金がかかりません。
(通常の投資の場合、運用益に対して毎年20.315%の税金がかかります)

メリット②少額から始められる

ネット証券などでは、100円から積み立てられる金融商品があります。生活費に負担の少ない少額から長期的に資産形成を目指すことができるなんて、気軽に始められて嬉しいですよね。毎月数千円だったらやりくりして投資に回せる人も多いのではないでしょうか。

メリット③長期・積立・分散

つみたてNISAは20年間の積立投資による利益が非課税になります。つまり教育資金や住宅資金、老後資金などの目的で長期積立を行う場合に向いていると思います。

メリット④いつでも払い戻し出来る

つみたてNISAはいつでも払い戻し可能です。子どもの教育関係や万が一の病気や事故などで、急にまとまったお金が必要になってしまったり経済事情が急変しても大丈夫。自由に払い戻しが出来るのは、つみたてNISAの特徴ですね。

メリット⑤投資対象が金融庁の厳しい審査を通った商品

つみたてNISAの商品は、金融庁の審査を通過した約170本の投資信託から選べば良いので初心者でも選びやすい。

 

 

デメリット①元本は保証されない

つみたてNISAの投資対象は、国が定める基準を満たす投資信託やETFに限定されているのですが、元本保証がされるものではありません。
元本保証の金融商品と言えば、その代表格として普通預金・定期預金・積立預金などがありますが、これらの預金は残念ながら受取利息が全く期待できません。よって将来必要となるお金を準備する(貯めながら増やす)には、つみたてNISAなどの長期積立分散出来るものを取り入れる必要があるかと思います。

デメリット②所得控除の対象にならない

確定拠出年金のiDeCoは、積み立てた掛け金の全額が所得控除され節税効果があるのですが、つみたてNISAは所得控除の適用はありません。
その面ではiDeCoのほうがお得感はありますね。

デメリット③他の口座との損益通算や繰越控除ができない

NISA口座で生じた損失は税務上ないものとみなされ、損益通算や繰り越し控除ができません。

2024年には新NISAがスタートします

現在のNISAは、
・一般NISA(非課税投資枠:毎年120万円、非課税期間:最長5年)
・つみたてNISA(非課税投資枠:毎年40万円、非課税期間:最長20年)
・ジュニアNISA(非課税投資枠:毎年80万円、非課税期間:最長5年)
の3つのNISAで構成されています。

2024年スタートする、新NISAの非課税枠は122万円
ちょっとややこしいのですが、新NISAは2階建て構造となっており、1階部分は非課税枠が20万円、2階部分の非課税枠が102万円の合計122万円の非課税枠で成り立ちます。
商品は1階部分はつみたてNISA対象商品とし、2階部分は、現行の一般NISA対象商品から高レバレッジ投資信託など安定的な資産 形成に不向きな一部の商品を除いたものとなりました。
そして、投資初心者は1階部分の積立を行わないと、2階部分の投資ができないこととされています。
非課税期間は一般NISAと同様の5年間ですが、5年間の非課税期間が終了後も、ロールオーバー(移管)手続きをすることで、再度5年間非課税で運用できます。

まとめ

超初心者向けに重要ポイントだけまとめてみました。
長期的な資産運用や私的年金作りには、運用益が20年間非課税になる「つみたてNISA」を選択肢のひとつに入れると良いのですね。

長期で資産形成を目指すのですから、短期的な株価の乱高下に慌てず、どっしり構えて長い目で投資を続けることが成功の秘訣なのでしょう。
自分に合った資産形成の方法を探して、老後、少しでも安心して過ごせると良いですよね。

カテゴリー: マネー, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

本当に我慢の限界?!「何もしない夫」を「何かできる夫」に変身させる方法!
本当に我慢の限界?!「何もしない夫」を「何かできる夫」に変身させる方法!

夫が家事や育児を手伝ってくれない、 家庭に見向きもせず自分のことばかり優先している気がしてならない、 やりっぱなし食べっ放しの夫が家に居るとストレスが溜まる・・・ じつは普段からこのようなお悩みは多く、浮気やDVなどでは …

”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!
”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

ホルモンについての超簡単な説明 そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。 私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりしま …

夫の浮気相手を喜ばせたくないから離婚はしないという選択について
夫の浮気相手を喜ばせたくないから離婚はしないという選択について

ある相談者のお悩み 「信じていた夫から浮気をされ、止めて欲しいと夫に伝えたところで夫と私の関係は改善もせず、夫は浮気相手とさらに深い関係になり同棲を始めた。離婚をせず夫とは昔のような関係に戻りたいと思う反面、本当にまた幸 …

長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?
長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?

妻の長期に渡った里帰り出産が夫婦の危機に繋がったというご相談を立て続けにいただきました。 もし、あなたの妻が里帰り先から戻りたくない様子なら、それは夫婦関係を見直すサイン。 夫婦で子育てしていくには何をしたらいいのか、ど …

【夫婦問題でお悩みのあなたへ】
【夫婦問題でお悩みのあなたへ】

あなたが進みたい道は、夫婦再生ですか?失敗しない離婚ですか? 誰だって今よりもっとしあわせになりたいと日々考えているのですよね。 今まで築き上げてきたもの、積み重ねてきたもの、それらすべて本当は何よりも大切な宝物。 「い …

価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは
価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは

夫婦の理想や思い込みに縛られてしまうと、苦しくなってしまいます。 初めは自分一人が苦しかったものも、相手を巻き込みいつか夫婦二人とも苦しくなってしまいます。 価値観の押し付けをされたら、誰でも息苦しくなり逃げたくなります …

『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?
『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?

離婚の際のお金について離婚成立前にしっかりと考えよう 離婚に伴って問題となるお金の話には大きく分けて「慰謝料」「財産分与」「養育費」「年金分割」です。 離婚後の生活を安心してスタートさせるためには、面倒でも大変でもお金の …

離婚は、結婚よりも『慎重』に。
離婚は、結婚よりも『慎重』に。

安易な離婚の先には後悔しか残りません。 あなたがもし離婚を決意したのならば、 『離婚がゴールでは無い』ということをしっかりと頭に叩き込んで 離活をスタートさせましょう。 離婚するのに、なぜ準備が必要なのか 命に危険のある …

大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ
大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ

悲しい気持ちに蓋をしない 傷付いたその気持ち、悲しい感情、辛い想い・・・ 自分さえ我慢すれば、家庭はうまくいくのだと思い込んでいませんか? それね、間違いなのです。 勝手な思い込みです。 家族の中の誰かひとりでも『我慢』 …

離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。
離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。

離婚をしたら妻の姓は除籍され、旧姓に戻ります。 でも子の姓は放っておいたら夫の姓のままなのです。 知らずにいると、親権や養育権を取って一緒に住んでいても母子で姓が違っていた・・・なんていうことになってしまうかも知れません …