高等教育無償化って?給付型奨学金と授業料等減免について。

高等教育無償化・ひとり親家庭・給付型奨学金

 

2020年4月から高等教育無償化がいよいよ開始となります。
無償化といっても何がどう変わるのでしょうか。
今回は「給付型奨学金」と「授業料等減免」についてまとめました。

経済的理由による大学生の中退について

 

まず、進学後の大学生の経済的理由による中退について考えてみました。
リクルート進学総研によると、純粋に経済的理由での中退や除籍は、学費・生活費が負担できない場合と考えられるそうです。
経済的理由が絡む複合的な要因による休学や中退には次のような場合があるとのことです。

(1)成績不振により奨学金が支給されないため
(2)留年が確定した場合、保護者が次学期以降の学費を負担しないため
(3)学費や生活費にあてるアルバイト過多で、単位が取得できないため
(4)将来の借金を恐れ、貸与奨学金を借りない傾向(ローン回避)からアルバイトに時間を取られ、学業不振になったため
(5)経済的困窮が心理的圧迫となり、学業不振や学校不適応になったため
(6)奨学金を保護者や家族が使ってしまい、授業料を払えなかったため

高等教育無償化は、経済的理由で大学・専門学校への進学を諦めないよう、学生を支援する制度です。
2020年4月に進学進級する学生から新制度対象となります。
進学したいと意欲のある学生にとっては大変ありがたいですよね。

給付型奨学金の申込資格・選考基準について

日本学生支援機構が提示する「ガイドライン」に基づきます。
選考基準には、学力基準、家計基準(収入基準・資産基準)が設けられており、両方の条件を満たす必要があります。

学力基準では「平均成績等が在学する学部等における上位2分の1の範囲に属すること」「習得した単位数が標準単位数以上であり、かつ将来、社会で自立し、活躍する目的を持って学修する意欲を有していることが、学修計画書により確認できること」となっています。

家計基準では、学生本人と生計維持者が収入基準および資産基準のいずれにも該当する必要があります。
収入基準は住民税非課税世帯およびそれに準じる世帯の生徒が対象であり、例えばシングルマザー世帯で(本人・母)の2人世帯の場合年間の収入金額が373万円以下が対象です。
資産基準は、生徒と生計維持者(家計支持者)2人の資産合計額が2000万円未満(生徒と生計維持者1人の場合は1250万円未満)が対象です。
父母がいる場合は、原則として両親が生計維持者となります。

収入基準について自身が該当するかおおよその確認をしたい方はjassoの「進学資金シュミレーター」で確認する事ができます。
jassoの進学資金シュミレーター https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

世帯収入の基準を満たしていれば、成績だけで判断せず、しっかりとした「学ぶ意欲」があれば支援を受けることができます。
また、給付型奨学金の対象となれば、大学・専門学校等の授業料・入学金も免除又は減額されます(授業料等減免制度)。

給付型奨学金の支給額

【国公立の場合】

区分 自宅通学 自宅外通学
大学
短期大学
専修学校(専門課程)
第1区分 29,200円
(33,300円)
66,700円
第2区分 19,500円
(22,200円)
44,500円
第3区分 9,800円
(11,100円)
22,300円
高等専門学校 第1区分 17,500円
(25,800円)
34,200円
第2区分 11,700円
(17,200円)
22,800円
第3区分 5,900円
(8,600円)
11,400円

 

【私立の場合】

区分 自宅通学 自宅外通学
大学
短期大学
専修学校(専門課程)
第1区分 38,300円
(42,500円)
75,800円
第2区分 25,600円
(28,400円)
50,600円
第3区分 12,800円
(14,200円)
25,300円
高等専門学校 第1区分 26,700円
(35,000円)
43,300円
第2区分 17,800円
(23,400円)
28,900円
第3区分 8,900円
(11,700円)
14,500円

※2020年日本学生支援機構HPより参照

第1区分から第3区分は世帯の所得金額によって区分されます。
給付型奨学金は母子家庭が優遇されるものではなく、成績基準と家計基準、資産基準に基づいて支給されるものです。

授業料等減免制度とは

対象世帯の学生に向けて、授業料と入学金(初年度のみ)を国が支援するものです。
支援額は学校の種別や世帯の年収に応じて変わります。
学生本人が大学を通じて申請し、承認されると国から該当する大学に支援金が支払われる仕組みになっています。
2020年4月にスタートする大学無償化は、「授業料等の減免」と「給付型奨学金」の2本立ての制度で支援要件はどちらも同じです。
「給付型奨学金」はJASSOへ手続きをし、「授業料等の減免」は大学への申請となりますが、原則としてどちらか一方のみに支援を絞ることはできません。
また、注意したいのは申請手続きは入学後になるため、入学時には一時的に入学金などの納入が必要になります。
さらに、入学金・授業料以外の諸経費(施設使用料や研究費など)は支援されません。
高等教育無償化とはいえ、やはり事前にある程度のまとまったお金が必要になるので準備は考えておく必要があります。

最後に

高等教育無償化のなかでも、給付型奨学金と授業料等減免制度について簡単にまとめてみました。
他の支援や制度との併用に関する制限や注意も必要で、また大学院生は対象外などの課題もあります。
貸与型奨学金の場合は、第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(有利息)がありますが、借りる場合は本人が無理なく返済できる額はどの程度なのかを良く考えることが重要。
他にも、大学独自の奨学金、企業や自治体の奨学金、民間団体の奨学金などがありますので、学生本人が学業に専念できるよう必要な支援を受けられると良いですね。

カテゴリー: マネー, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています
【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています

結婚18年、40代女性、子どもなし。 性格の不一致や金銭感覚の違いで離婚をする運びとなり協議で進めていますが、飼っている犬をどちらが引き取るかで揉めています。 小型の室内犬で現在10歳と7歳の成犬ですが2匹を引き離すのは …

あなたの妻は大丈夫?浮気に走りやすい3つのタイプ!
あなたの妻は大丈夫?浮気に走りやすい3つのタイプ!

一昔前までは、不貞は夫がするものというイメージでしたが、今や妻の浮気も珍しいものではありません。 パート先の上司や同僚、SNSでの繋がり、同級生との再会にPTAや子どもの習い事繋がりなど、挙げればきりがありません。 では …

夫婦関係が劇的に良くなるアイメッセージの伝え方
夫婦関係が劇的に良くなるアイメッセージの伝え方

夫婦の会話がほとんどない、穏やかに会話が出来ない、意思疎通が出来ないという悩みを多く聞きます。 始めからそんな風ではなかったと思うのです。 会話に「思いやり」を無くしてしまっていませんか? そんなあなたは、今日からI(ア …

【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!
【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!

結婚15年、子ども2人、夫の両親と10年前から2世帯同居中です。 結婚当初から話し合いの出来ない夫で優柔不断、意思のない無反応タイプ。 全然頼りにならず、代わりにすぐ夫の義両親が間に入ってきます。いつまでも子どものように …

ギャンブル依存症、家族がしてはいけない事と3つの対応!
ギャンブル依存症、家族がしてはいけない事と3つの対応!

夫や妻がギャンブルにのめり込み、どう対処して良いか分からないというご相談もあります。 お小遣いの範囲で楽しんでいるはずのギャンブルが、いつの間にか多額の借金をしていたりお金欲しさに犯罪に手を染めたりという話は度々ニュース …

パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?
パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?

 気持ちを理解して欲しければ言葉に出して伝えるというのは当たり前のこと 夫婦と言えども言いたい事は「伝えなければ」わかってもらえないのですが、なぜか夫婦になると「言わなくても分かってるだろう」「気持ちを察して欲しい」とい …

夫婦のトラブルやシングルマザーの切っても切れない「お金の問題」を解決するために。
夫婦のトラブルやシングルマザーの切っても切れない「お金の問題」を解決するために。

切っても切れない「お金の問題」の理由と原因 私は主に夫婦問題専門のカウンセリングとシングルマザーのためのコーチングをしていますが、夫婦問題のご相談で感じることは「夫婦間のトラブルに、お金の問題は切っても切れないもの」だと …

【相談事例】しあわせになるのが怖い
【相談事例】しあわせになるのが怖い

結婚1年、30代女性、子ども1人 連れ子再婚しています。今の夫はバツイチ子なしです。 私の離婚理由は、度重なる前夫の浮気と酒乱による暴力でした。 毎日が不信感と恐怖心で、自分が安堵する場所もなくなり そのうち前夫は子ども …

夫に対して理由もなくがっかりしていませんか?
夫に対して理由もなくがっかりしていませんか?

結婚してみて「こんなはずじゃなかった・・・結婚てもっと良いものかと思っていたのに!」って悩んでいませんか?現実は、家事育児に追われて余裕もない。夫はそんな私に気付いてるのかいないのか、のほほんとして見えるし、自分ばっかり …

【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます
【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます

結婚9年、30代女性、子ども1人。 6年前に夫の浮気が発覚、その後夫は浮気相手との関係も終わり何となく現在に至ります。 今の生活そのものに不満があるわけでは無いのですが、私のほうが夫に対する不信感が拭えきれずにいること、 …