不倫の代償。止められない行為と、その理由。

不倫・浮気・代償

不倫。泥沼化する前に止めませんか?

不倫は一般的に世間では良くないとされている行為です。
それでも浮気や不倫のご相談件数が増えるのは、良くないと認識していても止められない理由や背景があるのでしょう。

良くあるご相談としては、「悩みを相談するうちに好きになってしまった」「好きになった人が既婚者だと知らなかった」「止めなければと思っているが終わりにできない」「浮気相手が本気になってしまった」というもの。

そして、半年、一年と不倫関係を続けて行くうちに不倫相手にも情が入り、真実の愛がどこへ向かうものなのか、感情と現実と理想とが入り交じり自分たちを正当化して関係を終わりに出来ないまま泥沼化してしまうこともあります。

こうなってしまってからの離婚は、配偶者や子どもの気持ちを傷付けてしまうことにもなって、誰もしあわせにならないものです。

不倫の代償といわれているもの

不倫の代償は大きいと言われていますが、それはどのようなものなのでしょうか。

一般的には、不倫が原因での家庭崩壊による離婚や夫婦関係の破綻、慰謝料の発生、配偶者や子どもの心の傷、社会的制裁などが挙げられます。
不倫してしまった側も拭えない罪悪感や、不倫相手との関係が公になったことで2人の関係がギクシャクすることもあるかも知れません。

一方では不倫の代償を慰謝料だけで解決し、新生活をリスタート出来ると簡単に考えてしまうこともあるかも知れませんが、不倫をされた側は信頼していた配偶者から受けたその行為を「裏切り」と感じていることも多く、心が深く傷付いています。

その感情が離婚後もふとした時に湧き上がり、いつまでも苦しめられてしまうということも少なくありません。不倫は、それだけ相手を苦しめてしまうものだと理解しなければいけません。

不倫を繰り返す人、それはもしかしたら・・・

なかには「不倫を繰り返す人」がいます。
病的に不倫を繰り返す場合は不倫依存を疑うことも必要かも知れません。

夫婦間で不倫をしても良いというルールが成り立っているのなら二人の間に問題はないでしょうが、配偶者がその行為を止めて欲しいと感じているのであれば、不倫依存の人と夫婦関係を継続していくのは辛く難しいでしょう。

不倫に依存している人は止めなければならないと理性では分かっているのですが、不倫行為そのものに依存しているために止められません。
日常生活に支障をきたしていたり、家庭が崩壊することが分かっていても止められないのです。
不倫の理由が配偶者との関係や環境の不満ではないので、夫婦の関係良し悪しに関わらず不貞行為を繰り返してしまいます。

不倫依存の人が不倫から脱却したい場合は、不倫をする事によって生じるデメリットを現実問題として直視し、自分と向き合うことが大切なのです。
自分から逃げないことです。
不倫に逃げても一時の快楽と解放しか得られません。
違った方法でストレスを解消したり感情を整える術を、時間が掛かっても探していくことです。

家族とくに配偶者は、パートナーの繰り返される不倫によって自分が悪いのではないかと責めたり不倫問題に振り回されたりしがちですが、そうではないのです。
自分の存在価値を否定しないでくださいね。
気を付けたいことは、配偶者との境界線を保ち、相手をコントロールしないように心掛けることです。
相手を見守り、手放すこと。
そうするうちにあなた自身が「今後どうしたいか」が、はっきりと定まってくるはずです。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 夫婦再生
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

夫の浮気相手を喜ばせたくないから離婚はしないという選択について
夫の浮気相手を喜ばせたくないから離婚はしないという選択について

ある相談者のお悩み 「信じていた夫から浮気をされ、止めて欲しいと夫に伝えたところで夫と私の関係は改善もせず、夫は浮気相手とさらに深い関係になり同棲を始めた。離婚をせず夫とは昔のような関係に戻りたいと思う反面、本当にまた幸 …

【愛され妻の特徴】夫が「ずっと一緒にいたい」と思う妻とは
【愛され妻の特徴】夫が「ずっと一緒にいたい」と思う妻とは

夫からいつまでも大事にされたい? そうですよね。せっかく縁あって夫婦になったのですから、 いつまでも大事にされたいし大事にしたい。 そのためにはどうすれば良いでしょうか? 「ずっと一緒にいたい」と思わせる貴女でいることが …

離婚、子どもへの伝え方と子どもの気持ち。
離婚、子どもへの伝え方と子どもの気持ち。

近年もっとも高い離婚世代は子育て世代 子連れ離婚は年々増加しています。 厚生省のデータによると、平成27(2015)年度の「人口動態統計調査」では、婚姻件数63万5000件に対し離婚件数は22万5000件。 さらに厚生労 …

”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!
”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

ホルモンについての超簡単な説明 そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。 私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりしま …

【宝の持ち腐れにしないで!不要になった結婚指輪買い取りサービスのご紹介】
【宝の持ち腐れにしないで!不要になった結婚指輪買い取りサービスのご紹介】

離婚後の結婚指輪、あなたならどうする? 離婚後に不要となった結婚指輪、みなさんどうしているのでしょうか。 感情に任せて捨ててしまった・タンスの奥に仕舞ってある・実家に保管・近隣の質屋で売った・紛失してしまった・・・。 さ …

『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?
『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?

「私ばかり我慢している!」と夫婦関係に不満がある場合、それは相手に対しての不満では無くて『自分に対しての不満』だったりするのです。 妻の言い分と、夫の考えはこんなに違う! 妻は、自分の趣味ばかり優先する夫にいつも腹を立て …

子どもの気持ちを考えた、親の離婚の伝え方
子どもの気持ちを考えた、親の離婚の伝え方

あなたは「離婚」をどのように子どもに伝えますか? 離婚を決めたら、子どもにどう伝えたら良いか悩みますよね。 離れて暮らすことになる事実を、「お父さんは仕事が忙しくてしばらく帰って来られなくなったのよ」「パパは死んでしまっ …

子連れ離婚をする場合の働き方についてどう考える?
子連れ離婚をする場合の働き方についてどう考える?

教育費も事前の準備で! 専業主婦が子連れ離婚をする場合、一番気になることは経済的自立や安定した収入源の確保ではないでしょうか。 仮に毎月養育費が滞る事なく支払われたとしても、それはあくまでも子供を養育する為のお金であって …

ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について
ひとり親家庭の国民健康保険料と寡婦(寡夫)控除について

  前回の記事では「ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話」について記事にしました。 今回は【国民健康保険料の軽減、寡婦(寡夫)控除】について詳しく見ていきましょう。 1.国民健康保険料 軽減における、国民健康 …

愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ
愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ

「彼の気持ちが無くなってしまったようです」 「最近、夫の愛情を感じられなくなってしまいました」 「妻が私に無関心のような気がして淋しい」 こんな心の叫びが、日々生まれています。   今の状態に不満? 見方を変え …