不倫の代償。止められない行為と、その理由。

不倫・浮気・代償

不倫。泥沼化する前に止めませんか?

不倫は一般的に世間では良くないとされている行為です。
それでも浮気や不倫のご相談件数が増えるのは、良くないと認識していても止められない理由や背景があるのでしょう。

良くあるご相談としては、「悩みを相談するうちに好きになってしまった」「好きになった人が既婚者だと知らなかった」「止めなければと思っているが終わりにできない」「浮気相手が本気になってしまった」というもの。

そして、半年、一年と不倫関係を続けて行くうちに不倫相手にも情が入り、真実の愛がどこへ向かうものなのか、感情と現実と理想とが入り交じり自分たちを正当化して関係を終わりに出来ないまま泥沼化してしまうこともあります。

こうなってしまってからの離婚は、配偶者や子どもの気持ちを傷付けてしまうことにもなって、誰もしあわせにならないものです。

不倫の代償といわれているもの

不倫の代償は大きいと言われていますが、それはどのようなものなのでしょうか。

一般的には、不倫が原因での家庭崩壊による離婚や夫婦関係の破綻、慰謝料の発生、配偶者や子どもの心の傷、社会的制裁などが挙げられます。
不倫してしまった側も拭えない罪悪感や、不倫相手との関係が公になったことで2人の関係がギクシャクすることもあるかも知れません。

一方では不倫の代償を慰謝料だけで解決し、新生活をリスタート出来ると簡単に考えてしまうこともあるかも知れませんが、不倫をされた側は信頼していた配偶者から受けたその行為を「裏切り」と感じていることも多く、心が深く傷付いています。

その感情が離婚後もふとした時に湧き上がり、いつまでも苦しめられてしまうということも少なくありません。不倫は、それだけ相手を苦しめてしまうものだと理解しなければいけません。

不倫を繰り返す人、それはもしかしたら・・・

なかには「不倫を繰り返す人」がいます。
病的に不倫を繰り返す場合は不倫依存を疑うことも必要かも知れません。

夫婦間で不倫をしても良いというルールが成り立っているのなら二人の間に問題はないでしょうが、配偶者がその行為を止めて欲しいと感じているのであれば、不倫依存の人と夫婦関係を継続していくのは辛く難しいでしょう。

不倫に依存している人は止めなければならないと理性では分かっているのですが、不倫行為そのものに依存しているために止められません。
日常生活に支障をきたしていたり、家庭が崩壊することが分かっていても止められないのです。
不倫の理由が配偶者との関係や環境の不満ではないので、夫婦の関係良し悪しに関わらず不貞行為を繰り返してしまいます。

不倫依存の人が不倫から脱却したい場合は、不倫をする事によって生じるデメリットを現実問題として直視し、自分と向き合うことが大切なのです。
自分から逃げないことです。
不倫に逃げても一時の快楽と解放しか得られません。
違った方法でストレスを解消したり感情を整える術を、時間が掛かっても探していくことです。

家族とくに配偶者は、パートナーの繰り返される不倫によって自分が悪いのではないかと責めたり不倫問題に振り回されたりしがちですが、そうではないのです。
自分の存在価値を否定しないでくださいね。
気を付けたいことは、配偶者との境界線を保ち、相手をコントロールしないように心掛けることです。
相手を見守り、手放すこと。
そうするうちにあなた自身が「今後どうしたいか」が、はっきりと定まってくるはずです。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 夫婦再生
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

あなたの妻は大丈夫?浮気に走りやすい3つのタイプ!
あなたの妻は大丈夫?浮気に走りやすい3つのタイプ!

一昔前までは、不貞は夫がするものというイメージでしたが、今や妻の浮気も珍しいものではありません。 パート先の上司や同僚、SNSでの繋がり、同級生との再会にPTAや子どもの習い事繋がりなど、挙げればきりがありません。 では …

【3分で1個こころのブロックを解除】心軽やかに生きてみませんか?
【3分で1個こころのブロックを解除】心軽やかに生きてみませんか?

【こころのブロック】とは 【こころのブロック】とは 過去の経験や失敗がきっかけとなり、行動にブレーキを掛けたり マイナスの固定観念が生まれることをここでは言っています。 このブロックがある事で ■新しい行動に移せない ■ …

夫が帰宅恐怖症に。離婚を回避するためにはどうしたら良いでしょうか?
夫が帰宅恐怖症に。離婚を回避するためにはどうしたら良いでしょうか?

毎日妻との口論が絶えなくて、ついに帰宅する事が出来なくなってしまった夫。 派手なケンカもしていたけれど、もともと気が強い妻にとってはコミュニケーションの一環くらいにしか思っておらず、それに反しておとなしい性格の夫は毎日が …

【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?
【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?

結婚9年、30代女性、子ども2人。 結婚してからずっと繰り返される夫の女性問題に悩んでいます。 風俗や不特定多数の女性と遊んでいるようで、その都度何度も話し合い、私も「今度やったら離婚」と伝えるのですが全然懲りない夫の不 …

「しあわせな離婚」を手にする秘訣を教えます
「しあわせな離婚」を手にする秘訣を教えます

  【しあわせな離婚をしたい女性の相談事例】 配偶者の不貞、性格の不一致、DV、借金、依存症、義実家問題、 教育方針の違い・・・ 夫婦問題と一言で言ってもその内容や背景に一つとして同じ家庭はありません。 同じよ …

”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!
”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

ホルモンについての超簡単な説明 そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。 私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりしま …

あなたが離婚を後悔しないために考えてほしいこと。
あなたが離婚を後悔しないために考えてほしいこと。

離婚を後悔してしまうケースとは? 離婚を後悔してしまうケースは一般的にどのような状況だと思いますか? 離婚を決めた時は迷いがなかったとしても、 ・離婚後に現実問題と向き合った時、後悔してしまう ・しあわせになる為に離婚を …

パートナーの欠点はあなたへのギフトです!
パートナーの欠点はあなたへのギフトです!

パートナーの欠点を直そうと頑張っていませんか? お互いに、なにひとつ不満のない夫婦なんていない、と思っています。 他の面でカバーできるからこそ、許し合い連れ添えるのが夫婦。 あなたはパートナーの欠点を直そうとして躍起にな …

男性の『大丈夫』は本当に大丈夫?お互い嫌な思いをしない為に。
男性の『大丈夫』は本当に大丈夫?お互い嫌な思いをしない為に。

男性の「大丈夫」とそれを信じたい女性 男性から「大丈夫だよ」と言ってもらえると、女性は安心してつい「大丈夫なのね~」とそのまま委ねたり言葉を鵜呑みにして行動してしまったりしますよね。 大丈夫、と言ってくれた相手が信頼をし …

修復に繋げたいときに乗り越えなくてはならない壁とは。
修復に繋げたいときに乗り越えなくてはならない壁とは。

あなたのしあわせは、あなたに決定権がある 2015年、わたしがお受けしたご相談について、修復を目指す方が6割、納得のいく離婚をしたいという方が4割という比率でした。 後悔しない選択をするためには、自分に正直に、自分の気持 …