夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!

ヤマアラシのジレンマ・境界線・距離感

寒い夜に身体を温め合うヤマアラシのジレンマって?

「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存知でしょうか?

全身を固い針で覆われている2匹のヤマアラシが身を寄せ合いたくて距離を縮めるのですが、お互いの針が刺さって傷付け合ってしまうのです。
痛いので仕方なく離れますが、淋しくなりまたすぐに近づいて傷付け合ってしまう。
近づいたり離れたりを繰り返して、ちょうど良い距離感を知っていくというお話です。

実際のヤマアラシは針の無い部分で身を寄せ合うために事実とは違うのですが、針を持つヤマアラシを人間の心理として例えています。

近づきたいのに近づけない、離れたいのに離れられない

恋人同士や夫婦、親子間で、ちょうど良い距離感が保てないことで関係が壊れてしまうことって少なくありません。

近づきたいのに近づけない、離れたいのに離れられない。

ヤマアラシのジレンマが人間関係と似ているのではないか、というもの。

ヤマアラシAは自分の針の長さを知っているつもりで「このくらい近づいても大丈夫」だと思っていても、実際にはBを傷付ける長さであったりするのです。

ヤマアラシBも同様なことがあるでしょうし、「こんなにも私を傷付ける人とは離れたい」と思っていても、離れられずに近寄り傷付け合ってしまうということが有るかも知れません。
もしくは、相手を傷付けるかも知れないと考え過ぎてしまい、まったく近寄れなくなることも有るかも知れません。

夫婦関係に見る「ヤマアラシのジレンマ」とは

夫婦関係でも同じことが起こっているのではないでしょうか。

「こんなことを伝えたら相手は怒るのではないか?」との思い込みから本音を出せなくなってしまったり、相手の気持ちを考えずに思ったことを言い過ぎてしまったり。

過干渉を止められなくて相手を傷付ける結果になってしまったり、無関心でいることでお互いの存在がついに見えなくなってしまったり。
それってお互いにとても淋しい現象ですよね。
元々は距離を縮めたくて相手に関心があるのに上手くいかなくて、ジレンマを起こすわけですから。

そのちょうど良い頃合いを探るのは、トライアンドエラーなのかも知れませんね。
近づいたり離れたりしながら相手とのべストポジションを見極めていくのです。
ちょうど良い距離感や境界線を保つことで、傷付け合うことなく痛みを感じることもなく、夫婦関係や親子関係がラクになるのではないでしょうか。

冬到来の寒い夕暮れに、こんなことを感じてみたのでした。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

あなたが離婚を後悔しないために考えてほしいこと。
あなたが離婚を後悔しないために考えてほしいこと。

離婚を後悔してしまうケースとは? 離婚を後悔してしまうケースは一般的にどのような状況だと思いますか? 離婚を決めた時は迷いがなかったとしても、 ・離婚後に現実問題と向き合った時、後悔してしまう ・しあわせになる為に離婚を …

あなたが愛に飢えていると感じていたら読んで下さい
あなたが愛に飢えていると感じていたら読んで下さい

愛されない、と思っているあなたへ 【愛されたかったら、まずは自分を愛すること】が大切なのですが 「自分を愛するってどうやって?」と分からなくなっている事も。 今まで自分の気持ちをどこかに置いてきてしまい、 ついつい周囲に …

愛と執着
愛と執着

誰もが感じたことのある〇〇心。 「わたしはあなたをこんなにも愛しているのに!」 「あなたのために(なにかを犠牲にしてまで)尽くしている」 「あなたが居ないとわたしは辛い」 このような気持ちを、パートナー・配偶者・子・親・ …

離婚したくないと言いながら夫を責め続ける妻。
離婚したくないと言いながら夫を責め続ける妻。

「離婚したくない」「夫を許したい」「修復に向けて頑張りたい」と宣言しつつ、つい夫にファイティングポーズを取り続ける妻たちがいます。 戦う癖が抜けないと、修復宣言をしていても離婚予備軍となってしまいます。 あなたの本心はど …

【相談事例】別居中の夫から離婚調停を申立てられました
【相談事例】別居中の夫から離婚調停を申立てられました

結婚18年、40代女性、子ども2人 2年前に夫が家を出て、現在別居をしています。 理由は夫の不貞が発覚したことでした。 別居後は一切家庭には寄り付かず、生活費はごくたまに送金してくる程度です。 先日、その夫から突然離婚調 …

【3分で1個こころのブロックを解除】心軽やかに生きてみませんか?
【3分で1個こころのブロックを解除】心軽やかに生きてみませんか?

【こころのブロック】とは 【こころのブロック】とは 過去の経験や失敗がきっかけとなり、行動にブレーキを掛けたり マイナスの固定観念が生まれることをここでは言っています。 このブロックがある事で ■新しい行動に移せない ■ …

浮気を繰り返すDV夫と離婚したい。まずはどうしたら?
浮気を繰り返すDV夫と離婚したい。まずはどうしたら?

先日、記事タイトルのようなお問合せを頂きました。 夫が浮気をするようになってから急にドメスティックバイオレンス(DV)夫になった、というケースもあれば、浮気が始まった頃は妙に優しく家族に気を遣うような面があったが、徐々に …

相手を見極める眼を持ち、離婚方法を決めよう!
相手を見極める眼を持ち、離婚方法を決めよう!

離婚を選択した夫婦のうち、たった1割程度しか裁判離婚をしていないということが厚生労働省のデータから読み取れます。 これは過去10年、ほぼ変化がありません。 裁判離婚の中には「調停離婚・審判離婚・判決離婚」が主なものとなり …

『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?
『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?

「私ばかり我慢している!」と夫婦関係に不満がある場合、それは相手に対しての不満では無くて『自分に対しての不満』だったりするのです。 妻の言い分と、夫の考えはこんなに違う! 妻は、自分の趣味ばかり優先する夫にいつも腹を立て …

大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ
大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ

悲しい気持ちに蓋をしない 傷付いたその気持ち、悲しい感情、辛い想い・・・ 自分さえ我慢すれば、家庭はうまくいくのだと思い込んでいませんか? それね、間違いなのです。 勝手な思い込みです。 家族の中の誰かひとりでも『我慢』 …