パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?

パートナーシップ・コミュニケーション・気持ちの伝え方

 気持ちを理解して欲しければ言葉に出して伝えるというのは当たり前のこと

夫婦と言えども言いたい事は「伝えなければ」わかってもらえないのですが、なぜか夫婦になると「言わなくても分かってるだろう」「気持ちを察して欲しい」という感情が出てくるようです。
あなたの気持ちを理解して欲しければ、ちゃんと言葉に出して伝えなければ相手には伝わりません。

妊娠中の妻と仕事に多忙な夫の事例

ここでA子さんの例をお話します。

二人目の妊娠は思ったよりもつわりがきつく、それでも子どもの幼稚園や習い事の送迎、食事の支度や出来る範囲での家事を一人でこなしていた彼女。
多忙な仕事を持つ夫に「手伝って欲しい」と言えなかったと言います。

夫は「大丈夫?無理しなくてもいいよ」と優しい言葉こそ掛けてくれますが「僕が代わりにやるよ」「君は休んでて良いから」という事までは言ってくれなかったと言います。

そんなある日、A子さんはとうとう押さえつけていた感情が爆発してしまいました。
「あなたは優しいふりをしているだけで結局何もしてくれないじゃない!」A子さんの本音が出た瞬間でした。

しかし夫はこう言うのです。「僕は君にいつも無理をしなくていいよ、と言っていた。それでも君はいつもと変わらず頑張っていたから平気だと思っていた。辛いならそう言ってくれないとわからないよ」

すれ違った夫婦が得た気付きとは

妻は優しい言葉を掛けてくれる多忙な夫を気遣い、自分で出来ることは自分でやろうと無理をして、甘えることを忘れていたことに気付きました。

夫は妻を気遣っているつもりの言葉が、逆に妻に気を遣わせてしまっていたことに気付きました。
妊娠という精神的にも体力的にも不安定な期間だということは理解しているつもりでいましたが、彼女の気持ちに寄り添うことが出来ていなかったのです。

A子さんの夫が言う『いつもと変わらず頑張っていたから平気だと思っていた』という一言に、今までの2人の関係性が表れていると思いました。
疲れていても助けて欲しいと言い出せない妻と、だから大丈夫なんだと思い込んでいた夫。
お互いが思いやれているようで相手のことを理解出来ていなかったこと、自分の気持ちに蓋をしてきてしまったこと。

夫婦だから言わなくても分かるだろうという気持ち。
夫婦は黙っていても分かり合えるという誤解。
これはとても身勝手な感情だと思いませんか。
夫婦だって、言葉にして伝えなければ分からない部分はたくさんあります。

言葉にしても伝わらない時は?

しかし、言葉に出しても伝わらない時が多々あります。それはなぜでしょうか?

同じ共通言語を持つ私たちでも、持っている辞書が各々違うように、あなたが懸命に伝えたがっているコトバが相手の持つコトバではないからです。

相手の持つコトバに自分の持つコトバを変換し、彼に伝わりやすい形にして伝えてみましょう。
また、話すタイミングや場所、お互い感情が落ち着いている時を選んでみることも大切です。
攻撃的に話をすれば相手も攻撃的に返してくるというもの。
夫婦だからという感覚は、時に身勝手な行動に陥りがちです。

I’m OK , You are OK

自分の気持ちを抑え込んだり誤魔化したりしないこと。
相手の気持ちを決めつけたりしないこと。
この2点を心掛けるだけでも夫婦関係が大きく拗れることはなくなります。
『I’m OK , You are OK』この気持ちを大切に夫婦関係を築き上げてくださいね。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

わたしが夫婦問題カウンセリングをお勧めする理由。
わたしが夫婦問題カウンセリングをお勧めする理由。

3組に1組が離婚を選択すると言われていますが、その中でも離婚を成功させた人や後悔のない離婚をしている人は果たしてどの位いるのでしょうか。 また、夫婦関係修復を選択し今まで以上に絆を深められた夫婦は、どのような行動を取って …

あなたの身近にいるかもしれない!モンスター妻の存在とは?
あなたの身近にいるかもしれない!モンスター妻の存在とは?

妻の態度が夫の前では急変する・・・ 周囲からの評判はとても良いのに何故か家庭では猛威を振るう・・・ という夫婦関係、じつは珍しい話ではありません。 あなたのパートナーは大丈夫? 放っておくとエスカレートしてしまうモンスタ …

突然「離婚したい」と言われたら!
突然「離婚したい」と言われたら!

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。突然、夫(妻)から「離婚したい」と言われたら、あなたならどうしますか?「昨日までそんな素振り見せなかったのに・・・」「いったい何が起こったの?」「明日から私と子どもたち …

いつまでも夫婦円満でいられる2つの条件
いつまでも夫婦円満でいられる2つの条件

新年明けましておめでとうございます! 年初めには家内安全、夫婦円満などを願って初詣に出掛けるかたも多くいらっしゃるのではと思います。 旧年中は夫婦喧嘩が多かった、浮気をされて苦しかったという夫婦でも新年を家族で迎える瞬間 …

『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです』という悩み。
『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです』という悩み。

『離婚か修復か、どうしたらいいか分からないのです。』と悩んでいらっしゃる方が最近多いのです。 わたしも過去に、長い期間その狭間を行きつ戻りつしていました。 大丈夫、焦らなくても良いのです。 離婚か修復かと悩む時期は精神的 …

離婚、子どもへの伝え方と子どもの気持ち。
離婚、子どもへの伝え方と子どもの気持ち。

近年もっとも高い離婚世代は子育て世代 子連れ離婚は年々増加しています。 厚生省のデータによると、平成27(2015)年度の「人口動態統計調査」では、婚姻件数63万5000件に対し離婚件数は22万5000件。 さらに厚生労 …

長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?
長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?

妻の長期に渡った里帰り出産が夫婦の危機に繋がったというご相談を立て続けにいただきました。 もし、あなたの妻が里帰り先から戻りたくない様子なら、それは夫婦関係を見直すサイン。 夫婦で子育てしていくには何をしたらいいのか、ど …

DVを受けているかも知れないあなたへ
DVを受けているかも知れないあなたへ

DV(ドメスティック・バイオレンス)の問題は根深く、離婚に直結するような夫婦の相談内容として常に上位を占めています。 現在は、周囲からは分かり難いような家庭内だけでの精神的暴力や、生活費を渡さない、借金を繰り返すなどの経 …

離婚は、結婚よりも『慎重』に。
離婚は、結婚よりも『慎重』に。

安易な離婚の先には後悔しか残りません。 あなたがもし離婚を決意したのならば、 『離婚がゴールでは無い』ということをしっかりと頭に叩き込んで 離活をスタートさせましょう。 離婚するのに、なぜ準備が必要なのか 命に危険のある …

【相談事例】旦那の浮気が本気になり離婚を突き付けられています。
【相談事例】旦那の浮気が本気になり離婚を突き付けられています。

結婚5年、30代女性、子ども1人。 旦那の浮気が本気になってしまったようで、別れて欲しいと言われています。 すぐ離婚に応じれば慰謝料も養育費も払うから別れて欲しい、話し合いもしたくない、子どもを連れて出ていって欲しいと言 …