たった一度の人生を、あなたはどう生きたいですか?

後悔しない・人生・余命

もしも命の長さを知ったら、あなたの行動や選択は変わりますか?

命の長さは目には見えないものだけれど、何かのきっかけでふと命について真剣に向き合うことがあります。
わたしたちに、もしも命の長さが分かっていたら、わたしたちの行動は変わるのでしょうか。
あと1年しかない場合と、あと30年ある場合。
今この瞬間にとる行動や選択は、残りの時間と天秤に掛けて変わってくるのでしょうか。

人生は、たった一度しかないから

わたしはここ数年の間に、残された命について真剣に考えることが何度かありました。

その度に感じることがあるのです。

たった一度しかない人生だとしたら、我慢しないで挑戦しよう。
たった一度の人生なら、後悔しない選択をしよう。
たった一度の人生なのだから、好きなことをして生きよう。

わたしだったらそのように生きたいし、大切な人にはそのように生きて欲しい。

人生のゴール目前にいるとしたら?

我慢や忍耐ばかりの日々は、辛くてつまらない。心も暗くなりがちです。
死期が近づいた時に「私の人生は良い人生だった」と思えるような我慢や忍耐もひょっとしたらあるのかも知れないし、それを望んで手に入れている方もいらっしゃるのかも知れません。
またそれは、その方にとって必要な我慢や忍耐なのかも知れません。

でも・・・そればかりが続く人生だとしたら、果たして「私の人生は良い人生だった」と言えるのでしょうか。
わたしは、そうではないからこう考えてしまうのです。
我慢や忍耐ばかりの日々は、つまらない。
たった一度の人生なのだから自分の好きなように生きたほうが良い、と。

やりたい事が出来ない理由

好きなことばかりをすると「嫌われる・責められる・妬まれる・僻まれる」と無意識で感じていて、やりたい事がやれない人生を歩んでいる場合もあります。

そんな風に感じる方は、過去に1度か2度そのような経験があったのかも知れません。
しかし、それを振り返ると大人になり見方が変わるためなのか、当時のそれはとても小さな問題で大人になった今ではあまり深く考えるような問題では無かったりするものです。

でも、その時の嫌悪感は忘れずに身体に沁みついていて、何かの拍子に思い出す。
それがブレーキとなってやりたい事に挑戦できない大人の自分が顔を出すことも有ります。

心から好きなように生きていると「ない」ものをないと知る

実際にやりたいように行動し、好きなように生きている人は笑顔に溢れ、協力者までもいたりするのです。
嫌われたり、責められたり、妬みや僻みは想像以上に「ない」ことが多いのです。
いえ、もし「ある」としても、本人が気にならないくらい人生を愉しむことが出来ているので他人の視線や意見などどうでも良くなってしまうのかも知れません。

どうでしょうか?
わたしたちが心配しているそれらは「ない」に等しい。
恐怖のモンスターは、わたしたちが心で作り上げた幻想もしくは「行動しなくて済む理由づけ」かも知れません。

限りある人生を後悔しない人生に。

家庭を顧みず好きな事ばかりをしていたり無計画に突っ走ってしまう場合はともかく、目的の無い貯金に励み旅行や趣味を我慢している方はお金を有効に使って人生を楽しみましょうと思うし、母親だからこうであれという見えない鎖で繋がれているならば、それを外して自分らしく生きる方法もあると知って欲しいのです。

我慢や忍耐ばかりの修行のような結婚生活にうんざりしながらも時が経過しているのなら、それを変えていく勇気が必要です。
人生は有限です。誰でも、刻一刻と。
それなのに、その当たり前が何故か他人事のように感じてしまっているのです。

周りの顔色ばかりを気にして「わたしさえ我慢すれば・・」とか、嫌われるのを恐れて本音を言えないとか、「普通はこうだ」「こうするのが当たり前」などと他人が作ったルールに縛られて自分の意思を押し殺している場合も、是非、人生の時間には限りがあるのだから「自分は、本当はどうしたい?」と問いかけてみてくださいね。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

たとえば、離婚と子どもの貧困について
たとえば、離婚と子どもの貧困について

埼玉県が女性の貧困問題支援事業に取り組みます! この度、6月から2019年3月まで埼玉県男女共同参画センターが主催する「女性リーダー育成講座」の受講をさせて頂くことになりました。 本年度、埼玉県では女性の貧困問題支援事業 …

身の周りに起こることのすべてはベストタイミング
身の周りに起こることのすべてはベストタイミング

身に起こることすべてに意味がある わたしたちが紡いでいく日々の暮らし。 その日々が積み重なると、それは「人生」という言葉で表されます。 HAPPYに過ごせた日は最高。 でも理不尽な出来事があったり、悲しい想いをした日は・ …

パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?
パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?

 気持ちを理解して欲しければ言葉に出して伝えるというのは当たり前のこと 夫婦と言えども言いたい事は「伝えなければ」わかってもらえないのですが、なぜか夫婦になると「言わなくても分かってるだろう」「気持ちを察して欲しい」とい …

シングルマザーの道は甘くない!その離婚に覚悟はありますか?
シングルマザーの道は甘くない!その離婚に覚悟はありますか?

なぜあなたは離婚をしたいのでしょうか あなたが傷付いている気持ちも分かるんです。 夫と同じ空気を吸いたくないと思う感覚も分かります。 私も離婚経験者だもの。だから敢えて言います。 離婚は簡単にするものではありません。 ( …

【相談事例】DVで離婚したい。どうしたらスムーズに離婚できますか?
【相談事例】DVで離婚したい。どうしたらスムーズに離婚できますか?

結婚13年、30代専業主婦、子ども2人。 夫からのモラハラで離婚を決意したが、離婚を切り出すと暴言がすごくて怖くて言い出せません。 また、外に働きに出ることを止められていたので専業主婦歴が長く、離婚後の生活に不安もありま …

その離婚理由を鵜呑みにしていませんか?離婚原因ランキングの疑問。
その離婚理由を鵜呑みにしていませんか?離婚原因ランキングの疑問。

離婚の申立理由は毎年のように男女とも1位「性格が合わない」 離婚には必ず「離婚したい理由」というものが存在します。 司法統計から見た離婚の申立理由は、毎年のように男女ともに1位が「性格が合わない」。 しかしそう思うまでの …

夫婦問題は悩んでいるだけでは何も変わりません
夫婦問題は悩んでいるだけでは何も変わりません

大きな問題は、小さな悩みのかたまり 小さな悩みをたくさん抱えてしまうと、 それが何時しか大きなひとつのかたまりに見えてきます。 その時わたしたちは、この悩みについて 大きなかたまりだからと「太刀打ちできない気持ち」になっ …

【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?
【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?

結婚9年、30代女性、子ども2人。 結婚してからずっと繰り返される夫の女性問題に悩んでいます。 風俗や不特定多数の女性と遊んでいるようで、その都度何度も話し合い、私も「今度やったら離婚」と伝えるのですが全然懲りない夫の不 …

『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?
『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?

離婚の際のお金について離婚成立前にしっかりと考えよう 離婚に伴って問題となるお金の話には大きく分けて「慰謝料」「財産分与」「養育費」「年金分割」です。 離婚後の生活を安心してスタートさせるためには、面倒でも大変でもお金の …

夫に対して理由もなくがっかりしていませんか?
夫に対して理由もなくがっかりしていませんか?

結婚してみて「こんなはずじゃなかった・・・結婚てもっと良いものかと思っていたのに!」って悩んでいませんか?現実は、家事育児に追われて余裕もない。夫はそんな私に気付いてるのかいないのか、のほほんとして見えるし、自分ばっかり …