離婚は、結婚よりも『慎重』に。

離活・離婚準備・離婚するには

安易な離婚の先には後悔しか残りません。
あなたがもし離婚を決意したのならば、
『離婚がゴールでは無い』ということをしっかりと頭に叩き込んで
離活をスタートさせましょう。

離婚するのに、なぜ準備が必要なのか

命に危険のあるDVなどは例外です。
すぐにでも逃げるなり弁護士を入れて離婚の手続きを取るなどをして
速やかにあなたが安心できる場所を確保することが大切ですよね。

性格の不一致や不貞、借金、依存症問題などは、
離婚準備期間が十分に確保できるケースなのです。
専業主婦やパートをしながら子育てしている場合は、
離婚前にある程度の準備をしておくことが大切。

なぜなら離婚後に生活を支えていくのは、他でもない自分自身。
自分の手で稼ぎ、家庭を守り、子どもを育てる。
この3つは子連れ離婚をするなら必ずしていかなければならないことですよね。
時々、離婚後も元夫から生活費を送ってもらえるのでは?などと
考えている方もおられるのですがそれは本当に稀でレアなケースです。

離婚ってなに?

離婚は究極の自立です。
離婚後も元夫にパラサイトしていたいと考えているくらいなら、
まだまだ一緒にいられる可能性が大きく、一旦は
離婚よりも修復を目指して頑張ってみるほうが良いかもしれません。
どんなに相手に非があったと思っていても、夫婦は鏡 だといいます。
100%相手が悪だということではないのです。
つまり、自分の都合の良いように考えていてはいけないのかも知れないということ。
相手からすべて奪い、保証してもらい、
ホクホクで離婚出来るとは思わないほうがいい。
相手に依存した上でのしあわせほど、不安定なものはないと思います。

シングルマザーの子育て事情

子どもを育てる、生活できる収入を得る、家庭を守る、
周囲とのコミュニケーションや付き合いもシングルマザーにはとても大切。
特にご近所やママ友の存在は心強くもあり、
いざという時に力になってくれる大切な存在です。
私たちは「人に支えられ、人を支えて生きている」ことを、
離婚して改めて知ることもあると思います。

そして、子どもがいれば教育資金は必ず掛かるもの。
教育費用は、生まれた時から毎月少しづつでも積み立てをしておけば、
大学入学までにかなりの金額を無理なく貯めることができるって知っていますか?
だから、将来的に必ず必要になる子どもの教育資金は、
住宅ローンの頭金などに回したりしないほうが今後の為でしょう。

ここに具体例をあげてみましょう。
子が出生すると支給される児童手当ですが、
0歳から15歳(中学卒業まで)の総支給額を計算すると198万円。
つまり家計に一切手を付けることなく198万円は子どもの為に貯蓄出来るということ。

その他に、例えば家計から毎月1万円を教育資金として
18年間貯金をしていけば216万円になりますね。
教育資金を準備するのは、早ければ早いほうが良いというのはご覧のとおり。
このように、無理なく子どもの為に学費を捻出することが出来るのです。
養育費(離婚後、収入の多い方が子の養育費として取り決めた金額×年数支払っていく)を貰うことは子どもの権利であり、
支払われないものを請求するのは当然の権利なのですが
だからといって養育費をあてにし過ぎるのも厳禁。
なぜなら残念なことに、離婚後間もなくして
養育費を支払わなくなるケースがとても多いのが現状だからです。
(それらを防ぐ方法もありますが。)

もちろん大事なのはお金だけではない

お金の話を続けてしてきましたが、もちろん大事なのはお金だけではありません。
収入源を得る方法や今後の住まいについての事前調査、
子どもの学区についての対策、自身の健康チェックなどしておきましょう。
そしてもっとも大切なものはメンタルの強さ。
しあわせになるために離婚をしたのだと強く思うこと。
自分を信じること、念じること。
そして、すべての出来事に感謝できる自分になること。

離婚してから「泣き」を見ないように
後悔の日々に埋もれてしまわないように
自分に合った然るべき準備を整えて、離婚に備えましょう。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】DVで離婚したい。どうしたらスムーズに離婚できますか?
【相談事例】DVで離婚したい。どうしたらスムーズに離婚できますか?

結婚13年、30代専業主婦、子ども2人。 夫からのモラハラで離婚を決意したが、離婚を切り出すと暴言がすごくて怖くて言い出せません。 また、外に働きに出ることを止められていたので専業主婦歴が長く、離婚後の生活に不安もありま …

就学援助制度について
就学援助制度について

就学援助制度とは 経済的理由によって学用品費や給食費、校外活動費などの支払いが困難な世帯に対して、費用の一部を援助する就学援助制度があるのをご存じですか? 学校教育法第19条において「経済的理由によって、就学困難と認めら …

【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!
【相談事例】優柔不断で話し合いにならない夫と、すぐに間に入ってくる義両親。もう耐えられません!

結婚15年、子ども2人、夫の両親と10年前から2世帯同居中です。 結婚当初から話し合いの出来ない夫で優柔不断、意思のない無反応タイプ。 全然頼りにならず、代わりにすぐ夫の義両親が間に入ってきます。いつまでも子どものように …

【愛され妻の特徴】甘え上手で守りたくなる妻
【愛され妻の特徴】甘え上手で守りたくなる妻

  しっかり者の妻ほど、夫が浮気に走りやすい しっかり者の妻ほど、夫が浮気に走りやすい・・・この男性心理を少し読み解いてみましょう。 男性は「女性を守りたい」「頼られたい」という意識が高い人が多いのですが、妻が …

あるDV被害者の話と、その先の未来へ。
あるDV被害者の話と、その先の未来へ。

あるDV被害者の話 「現在、夫から日常的に暴力を受けています。今いちばん心配な事は、それを見て育っている息子が将来DV男にならないかどうかなんです」 「別居する意思はないのですか?」 「はい、今のところは」 「・・・。一 …

モラハラはDVだと認識していますか?家庭内いじめを無くそう!
モラハラはDVだと認識していますか?家庭内いじめを無くそう!

モラハラは精神的暴力や精神的虐待というDVです! モラルハラスメント。 それは精神的暴力や精神的虐待のことをいいます。 モラハラを理由にした離婚はここ数年常に上位にあり、 それだけ日常化していることが窺えます。 また、最 …

愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ
愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ

「彼の気持ちが無くなってしまったようです」 「最近、夫の愛情を感じられなくなってしまいました」 「妻が私に無関心のような気がして淋しい」 こんな心の叫びが、日々生まれています。   今の状態に不満? 見方を変え …

相手を見極める眼を持ち、離婚方法を決めよう!
相手を見極める眼を持ち、離婚方法を決めよう!

離婚を選択した夫婦のうち、たった1割程度しか裁判離婚をしていないということが厚生労働省のデータから読み取れます。 これは過去10年、ほぼ変化がありません。 裁判離婚の中には「調停離婚・審判離婚・判決離婚」が主なものとなり …

帰省や長期の旅行で夫婦仲が険悪に?年末年始の過ごし方のコツ!
帰省や長期の旅行で夫婦仲が険悪に?年末年始の過ごし方のコツ!

年末年始などの長期休暇は、夫婦が改めて向き合う良いチャンス!!なのに・・・ いよいよ年の瀬も押し迫ってまいりましたね。 年末年始などの長期休暇は、夫婦が改めて向き合う良いチャンスです。 普段忙しくて会話をする時間がほとん …

離婚のサインを見逃していませんか?夫婦関係を悪化させないチェックポイント
離婚のサインを見逃していませんか?夫婦関係を悪化させないチェックポイント

「ある日突然、夫から離婚を言い渡されてしまった」 このようなご相談も少なくありません。 言われた側はまさに青天の霹靂なのですが、言い出す側って無意識でサインを出しているものです。 あなたは お気付きでしたか? 家に居る時 …