【相談事例】ギャンブル依存症は治りますか?

ギャンブル依存症・ギャンブル依存症と家族・共依存

結婚23年、50代、子ども2人
夫が競馬やパチスロにのめり込み、常に借金を抱えている状態になっている。
結婚当初から趣味程度でギャンブルをしていたが
リストラがきっかけとなり、やめられなくなっている。
このままでは住む家や生活費も無くなりそうだ。
夫のギャンブル依存を止めさせたい・治したいと思っているが、
何をしても一向に効果がない。


期待する場所を間違えてしまうと、時間の無駄だし疲労の原因

結婚23年、その頃からすでにからギャンブルをはじめ
現在では止められなくなっている状態ですね。
相談者が、ご主人のギャンブル依存を「止めさせたい・治したい」が
どうすればいいか、という切実な悩みです。
今まで何年もご主人を「変えてみせよう」とか
「変わってもらおう」と思って相談者が頑張ってきていたようですが
ギャンブル依存症の場合、
その気持ちはほぼ伝わっていないと思ったほうが良いと思います。
期待する場所を間違えてしまうと、時間の無駄だし疲労の原因になります。
ギャンブル依存に対して
「わたしたちは無力である」と考えたほうが良いと思います。

ギャンブル依存症者が底付感を味わうことが回復への道

いくら家族がギャンブル依存を「止めさせたい・治したい」と思って
そのことを阻止したり防御したり手助けしたところで無駄な努力です。
家族が、あの手この手で止めさせようと思ったところで
依存症者は、あの手この手でギャンブルに行く手段を考え、
あの手この手で金銭の工面を考えているのだと理解してください。
「私たちは無力である」とはこのことなのです。
過去数年の状態を振り返ってみてどう考えますか?
何をしても一向に効果がない、と感じていらっしゃいますね。
まさに上に記述したような状態だったのではないでしょうか。
家族はそのような無駄な努力を止めて問題を手放す
問題を本人に返すのです。
そうすることで、一旦は依存症者は自由になったと錯覚し羽を伸ばし
ギャンブルが派手になりますが、その後後始末をする人間がいないために
全ての問題が本人に降り掛かります。そこでようやく事の重大さに気が付き
底付感を味わうことが出来るのです。
これが回復への第一歩です。

家族のあなたに出来ること

ギャンブル依存の家族を回復させたいのであれば、
まずこの問題(ギャンブル)からあなた自身が手を引くこと。
お金の工面、借金の肩代わり、はたまたギャンブルを阻止する行動・・・
これらから一切、手を引くこと。
そして、家計はしっかりと守ること。
可能であれば、
ギャンブル依存症者を持つ家族の会「ギャマノン」に繋がってみること。
夫婦の境界線を理解し、見守ること。
これがなかなか難しいのだと思います。

最後に

ギャンブル依存症は完治しません。
一旦は完治したと思っても、
何かがきっかけでまたギャンブル依存症に逆戻りすることがあります。
そのため【回復】という言葉が使われます。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 相談事例
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

ギャンブル依存症、家族がしてはいけない事と3つの対応!
ギャンブル依存症、家族がしてはいけない事と3つの対応!

夫や妻がギャンブルにのめり込み、どう対処して良いか分からないというご相談もあります。 お小遣いの範囲で楽しんでいるはずのギャンブルが、いつの間にか多額の借金をしていたりお金欲しさに犯罪に手を染めたりという話は度々ニュース …

身の周りに起こることのすべてはベストタイミング
身の周りに起こることのすべてはベストタイミング

身に起こることすべてに意味がある わたしたちが紡いでいく日々の暮らし。 その日々が積み重なると、それは「人生」という言葉で表されます。 HAPPYに過ごせた日は最高。 でも理不尽な出来事があったり、悲しい想いをした日は・ …

【相談事例】ギャンブル依存症と診断された夫、どうしたら止めさせることが出来ますか?
【相談事例】ギャンブル依存症と診断された夫、どうしたら止めさせることが出来ますか?

結婚14年、40代女性、子ども3人。 夫がサラ金からお金を借りていた事が分かりました。 金額は600万円でそのすべてをギャンブルと遊興費に使ったと言っていますが、本人もまさかそこまで借金が膨らんでいるとは分かっていなかっ …

ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話
ひとり親家庭が受けられる支援とお金の話

子連れ離婚をする場合、特に気になるものが「お金」と「支援」かと思います。 今回はひとり親家庭になった時に国や自治体から受けられる手当等について記事にしました。 支援制度は昔に比べると充実しているようにも見えますが、反面、 …

その離婚理由を鵜呑みにしていませんか?離婚原因ランキングの疑問。
その離婚理由を鵜呑みにしていませんか?離婚原因ランキングの疑問。

離婚の申立理由は毎年のように男女とも1位「性格が合わない」 離婚には必ず「離婚したい理由」というものが存在します。 司法統計から見た離婚の申立理由は、毎年のように男女ともに1位が「性格が合わない」。 しかしそう思うまでの …

依存症の恐怖
依存症の恐怖

連日のように報道されている著名人の薬物依存。 薬物依存の恐ろしさは、一度手にすると抜け出せずただただ転落していくだけなのに、止めたいのに止められず自分が自分でなくなってしまうこと。 身体が、脳が、依存対象に支配されてしま …

『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』
『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』

3組に1組、時間にすると2分に1組の割合で離婚が成立している現代の離婚事情。 そのうちの約6割が「未成年の子どもがいる家庭」というのが現状です。 離婚をすることになるだろうと考えた時に『子どもへの伝え方』も悩みのひとつで …

夫婦喧嘩を最小限にするヒント
夫婦喧嘩を最小限にするヒント

夫婦間に勝ち負けも敵味方もない 大したことではなかったはずなのに、いつの間にか大きな喧嘩に発展していた・・・こんな事は誰だって経験があるのかもしれません。 まず喧嘩にならない考え方のコツとして、夫婦間に勝ち負けも敵味方も …

離婚に合意してくれないときはどうしたらいいのでしょうか?
離婚に合意してくれないときはどうしたらいいのでしょうか?

離婚をすると決心したら、まずは夫婦で話し合いをする場合がほとんど。 そこで、離婚をすると決めたら夫婦で決めることが3つあります! 「離婚に合意するかしないか」「子どものこと(親権・監護権)はどうするか」「お金について(財 …

離婚を決めたら子どものためにできること
離婚を決めたら子どものためにできること

子どもを守るために離婚をしない選択も、子どもを守るために離婚をする選択も間違ってはいません。 そのどちらも、様々な事情や背景があるからです。 ただ「離婚しない理由」を子供のせいにしないこと。 そして離婚が子どもにとってど …