専業主婦で離婚を考えている人必見!必ず準備しておきたい3つのこと

離婚準備・離活・離婚相談

感情に任せた離婚が最も危険

本気で離婚を考えている人にはぜひ参考にして頂きたい記事です。
口先だけで「離婚したい」と言っているうちは、まだその時期ではありません。
本当に離婚をする時は、同じ空気を吸うのも嫌になります。
視界の隅にでも存在が映り込むことが嫌、共存していることが許せない、
というのが本音かもしれません。
夫婦問題と向き合った末の、自分自身のしあわせが「離婚」だったということならば
それは納得のいく離婚で最高の離婚となります。
そしてそれを手に入れるためには事前準備が必要となります。
婚活ならぬ「離活」を進めておきましょう。
感情に任せた離婚が最も危険だということは、頭に入れておいてくださいね。

『離活』それは、自立へ向けた事前準備

ただ闇雲に離婚をしたところで、その後の生活は成り立たせることができますか?
離婚=自立 ということ。
・精神的自立
・経済的自立
このどちらか一方が欠けていても、
離婚後の生活を「しあわせに」継続することが出来なくなります。
辛い現実とならないように、早い段階でこの2つの準備を進めておきましょう。
子どもがいるなら尚更、子どもの人生を振り回さないように先々を見据えた準備が
必要です。

最低限3つの準備を。

まず一つ目は【離婚後、ある程度の期間は生活できる程度の資金】です。
一般的には100万円と言われていますが、その内訳として生活費、家賃、教育費など毎月掛かる必要経費の他に転居した際の引っ越し費用や生活用品の調達など。
ただ100万円という金額は、仕事に就いているかどうか(毎月の収入があるか)、家賃やローンの発生はあるのか、実家に頼れる事が出来るのかなどで個人差があり大幅に変わると思います。

2つ目は【安定した収入】です。
すでに正社員などに就き、毎月の安定した収入が確保していれば
当面の不安はないかもしれませんが
専業主婦や扶養範囲内でのパートなどで働いていた場合は
離婚後の生計を立てるために働き方を見つめ直す必要があります。
生活するためには自立が必須です。
時々、生活保護を支給してもらうことをいきなり考えてしまう方もいますが、
働ける気力や体力が備わっているのでしたら自立に向けて頑張りましょう。
だって人生は長いんですもの。
しあわせになりたくて離婚を選択したのなら、受け身にならず挑戦することが大事。
収入を得て自立することを自信に繋げていきましょう!

3つ目は【強いメンタル】です。
たとえば、
いつも誰かに頼らないと生きていけないと思い込んでいる人が離婚をすると、
離婚後は孤独や不安に襲われてしまい離婚を後悔することになりかねません。
その状態ならば、離婚をしないほうが幸せだったのでは?と
なってしまいかねないのです。
たとえば、恋愛体質でいつも異性がいないとダメだという人が離婚をすると、
離婚後はひとりでいることに耐えられなくなり
出会い系サイトや風俗で疑似恋愛ばかりを繰り返す
恋愛ジプシーになってしまいます。
夫婦愛に納得できずに離婚をしたはずが、
結局自分の価値を下げるような恋愛ばかりを選択してしまうのです。

その他にも精神的に自立が出来ていれば簡単に人や物に頼ることをせず、
何があっても動じない自分を創ることでシングルマザーには厳しい現実も
厳しくなく映るようになります。
精神的自立をすることで被害者意識が格段に減ります。
じつはこの3つ目を最強にしておくことで、
収入や健康面も良いほうへ向かっていくのですよ。

最後に

いかがでしたか?
私自身、出来る限りの準備をして離婚に向けて始動したつもりでしたが、
勿論思うように行かなかったこともありました。
でもその準備があったことで、
離婚前よりも離婚後のいまが格段にしあわせで自由だと実感しています。
自立するということは、今ある環境を変えるということ。
変化が怖くてその一歩が踏み出せないというかたは、
ブロック解除をして爽やかに未来への一歩を踏み出してみましょう。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

離婚を決めたら子どものためにできること
離婚を決めたら子どものためにできること

子どもを守るために離婚をしない選択も、子どもを守るために離婚をする選択も間違ってはいません。 そのどちらも、様々な事情や背景があるからです。 ただ「離婚しない理由」を子供のせいにしないこと。 そして離婚が子どもにとってど …

【相談事例】子どもを置いて家を出る理由
【相談事例】子どもを置いて家を出る理由

結婚5年、30代女性、子ども一人 元々夫婦仲が良くありませんでした。 子どもが生まれ、育児も手伝わない夫に嫌気が差しつつも 家事と育児をひとりでこなしていました。 しかし不満は溜まる一方で、SNSで知り合った男性に夫婦の …

依存症の恐怖
依存症の恐怖

連日のように報道されている著名人の薬物依存。 薬物依存の恐ろしさは、一度手にすると抜け出せずただただ転落していくだけなのに、止めたいのに止められず自分が自分でなくなってしまうこと。 身体が、脳が、依存対象に支配されてしま …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …

子連れ離婚の不安を解決、ママと子どものための離婚カウンセリング(110分)
子連れ離婚の不安を解決、ママと子どものための離婚カウンセリング(110分)

ボイスマルシェ限定オリジナルプログラムを公開しました! 夫婦問題専門カウンセラーとして参加登録している女性専用匿名電話相談サイト 『ボイスマルシェ』にて、子連れ離婚を考えているママの不安を解決するためのオリジナルプログラ …

【夫婦問題でお悩みのあなたへ】
【夫婦問題でお悩みのあなたへ】

あなたが進みたい道は、夫婦再生ですか?失敗しない離婚ですか? 誰だって今よりもっとしあわせになりたいと日々考えているのですよね。 今まで築き上げてきたもの、積み重ねてきたもの、それらすべて本当は何よりも大切な宝物。 「い …

夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!
夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!

寒い夜に身体を温め合うヤマアラシのジレンマって? 「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存知でしょうか? 全身を固い針で覆われている2匹のヤマアラシが身を寄せ合いたくて距離を縮めるのですが、お互いの針が刺さって傷付け合って …

修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。
修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。

修復はしたい。でも・・・ 「一度離れて暮らそう」というようなセリフと共に、安易に別居をしてしまう2人。 信頼関係が築かれた夫婦の別居とは違って、夫婦関係が破綻するか修復出来るかの瀬戸際にいる二人が安易に別居を選択するのは …

【相談事例】認めてもらえない夫
【相談事例】認めてもらえない夫

結婚18年、40代男性、子ども2人。 自分では離婚を考えるほどではないのですが、何をしても妻が認めてくれません。 事の発端は7年前の私の浮気が原因だと思います。 反省し女性とはすぐに関係を終わらせましたが、それまで優しか …

【相談事例】しあわせになるのが怖い
【相談事例】しあわせになるのが怖い

結婚1年、30代女性、子ども1人 連れ子再婚しています。今の夫はバツイチ子なしです。 私の離婚理由は、度重なる前夫の浮気と酒乱による暴力でした。 毎日が不信感と恐怖心で、自分が安堵する場所もなくなり そのうち前夫は子ども …