【相談事例】夫が薬物に手を出していることが分かりました。誰にも相談できず苦しい。

薬物依存・薬物中毒・夫が薬物

結婚6年、30代女性、子ども2人。
夫が危険ドラッグをやっています。
何度止めて欲しいと頼んでも「法的には違法ではないから」「止めようと思えばいつだって止めることが出来るから大丈夫」と取り合ってくれません。
以前は隠れてしていたようですが、最近は子どもの前でもするようになりました。
まるで煙草を吸っているかのような感覚なのだと思います。
いずれ覚せい剤に手を出すのではないかと思うと怖くてたまりません。
子どもは夫に懐いていて、夫も普段は子どもを可愛がってくれていますが、
薬が切れるとイライラしたり物に当たるのです。
薬物を使用する以外はとても良い夫なのです。
今後わたしはどうしたら良いのでしょうか。両親や友達にも相談できず苦しいです。


夫が危険ドラッグ。しかも子どもの目の前で・・・

ご主人が危険ドラッグをやっているのですね。しかもお子さんの目の前で・・・。
勇気を出してよくご相談くださいましたね。
「誰にも相談できず苦しい」とありますが、あなたはもうひとりではありません。

あなた自身がもっと強くなって!

以前は隠れてしていた薬物を、最近では子どもの目の前で使用するとのことですが依存状態が進んでいるのではと思われます。
子どもの目の前で薬物を使用するなんてもっての外。
ここは強く反対するべきですよ。
そして、お子さんと父親との距離を取ることが出来ませんか?
父親のその状況が子どもの目に触れないように、あなたが子どもを守るのです。
あなたは「薬以外はとても良い夫なのです」と言っていますが、ご主人は薬物が切れるとイライラしたり物に当たるということは、薬物をしていない状態では良い夫ではないですよね。薬物をしているから良い夫になっているのです。
あなた自身がもっと強くなって子どもを守っていきましょう。
今のままで良いはずがありません。

いちばん大事なものは何? 世間体より、自分自身の心。

世間体や今後の経済的不安を抱えて今の状態を保っているようですが、このままで希望の光が見えますか?
お子さんは成長するにつれ、父親のしていることが分かるでしょう。
今は世間体を守っているような気がしているかもしれませんが、時間の問題ではないですか?
世間体より大事なものは、あなたのこころの中にあるはずです。
見てみないふりをするのは、もうやめませんか?
あなたとお子さんの心の安定を守るためにも、もっと自分の気持ちを大切にしましょう。
ご主人を薬物依存から立ち直らせたいのだったら、突き放してください。
それが彼にとっての愛情だと、長い目で見て気付くことになると思います。
ご両親には思い切ってすべてを話し、力を借りても良いと思います。
いずれ全てわかってしまうでしょうし、ご両親もあなたの様子を見てきっと何かを察しているとは思いますから、話をして欲しいと思っているはずです。

ぜひ専門家の力を借りて!

薬物依存は難しい問題ですので、専門家や医療機関、保健センターなど行政のサポートも借りて、あなたと
お子さんにとってベストな選択をして欲しいと思います。
今までたったひとりで悩んできたのですから、ほんとうに辛かったとお察しします。
もう大丈夫、これからは光の差すほうに進んでいきましょう。応援しています!

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 相談事例
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

もう一度、恋をすることがあるのでしょうか?
もう一度、恋をすることがあるのでしょうか?

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。 ときどき相談者様から聞かれることは「自分はもう一度恋をすることがあるのでしょうか?」という問です。離婚後のシングルマザーやシングルファザーの恋愛事情、気になりますよね …

離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。
離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。

衝動的に離婚をしてしまうことは、今後の生活の為にも子どもの為にも良いとは言えません。 売り言葉に買い言葉で、離婚話がどんどん進んでしまって後々後悔するなんてことにならないようにして欲しいのです。 離婚がすべてではない! …

離婚を決めたら子どものためにできること
離婚を決めたら子どものためにできること

子どもを守るために離婚をしない選択も、子どもを守るために離婚をする選択も間違ってはいません。 そのどちらも、様々な事情や背景があるからです。 ただ「離婚しない理由」を子供のせいにしないこと。 そして離婚が子どもにとってど …

離婚後の人生を愉しむ秘訣
離婚後の人生を愉しむ秘訣

離婚後にしあわせになれる人となれない人の違い 離婚後、しあわせになれる人となれない人に2分化する傾向があります。 安定した収入があっても しあわせになれない人 自らが望んでした離婚のはずなのに しあわせになれない人 周囲 …

夫婦関係修復を邪魔する2つの心理
夫婦関係修復を邪魔する2つの心理

妊娠中に不倫をされてしまった・・・奥様の気持ちを考えると、それはもうはらわたが煮えくり返るような出来事かと思います。 実際、このようなケースは珍しくもなく、妊娠中こそ夫の浮気に気を付けなければならないというのは、結構妊婦 …

養育費、元夫が死んだらどうなる?
養育費、元夫が死んだらどうなる?

子どもの父親が死亡した場合に起こる問題点 公正証書や調停調書を作成し、養育費に関しても心配のないように離婚を成立させたとします。 しかし、もし子どもの父親が死亡した場合、養育費はどうなるのか考えたことはありますか? 離婚 …

【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?
【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?

結婚9年、30代女性、子ども2人。 結婚してからずっと繰り返される夫の女性問題に悩んでいます。 風俗や不特定多数の女性と遊んでいるようで、その都度何度も話し合い、私も「今度やったら離婚」と伝えるのですが全然懲りない夫の不 …

パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?
パートナーにあなたの気持ちをしっかり伝えていますか?

 気持ちを理解して欲しければ言葉に出して伝えるというのは当たり前のこと 夫婦と言えども言いたい事は「伝えなければ」わかってもらえないのですが、なぜか夫婦になると「言わなくても分かってるだろう」「気持ちを察して欲しい」とい …

離婚のサインを見逃していませんか?夫婦関係を悪化させないチェックポイント
離婚のサインを見逃していませんか?夫婦関係を悪化させないチェックポイント

「ある日突然、夫から離婚を言い渡されてしまった」 このようなご相談も少なくありません。 言われた側はまさに青天の霹靂なのですが、言い出す側って無意識でサインを出しているものです。 あなたは お気付きでしたか? 家に居る時 …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …