本当に我慢の限界?!「何もしない夫」を「何かできる夫」に変身させる方法!

家事を手伝わない夫・ゼロダン・家事分担

夫が家事や育児を手伝ってくれない、
家庭に見向きもせず自分のことばかり優先している気がしてならない、
やりっぱなし食べっ放しの夫が家に居るとストレスが溜まる・・・
じつは普段からこのようなお悩みは多く、浮気やDVなどではないために離婚とまではならなくても、どこかで改善していかないと日々の不満の積み重ねによる熟年離婚ケースになるパターンです。

子育てから手が離れた妻が、夫の不満を並べた時に
「そういえば、子どもに手が掛かって大変な時期に夫は何も手伝ってくれなかった」
という不満を口にする事がありますが、子育て期の大変だった時に家事育児の協力をしてくれなかったという思いなどは、何年経過しても忘れないことが多いようです。

家事をしない夫の特徴

ここで少し、家事をしない(出来ない)夫の特徴をいくつか挙げてみましょう。

【夫の父親が亭主関白、母親がマメで世話焼きタイプ】
生まれ育った環境というのはとても影響するもので「夫とは妻とは」「男とは女とは」など両親から学ぶことも多いものです。
このような夫は、父親が家にいても何もしない(出来ない)、一方母親のほうは家族に対して尽くすことを生き甲斐にするほどマメで世話焼きな場合が多いのです。

【結婚するまで実家暮らし】
人にもよりますが、大概の人は実家暮らしをしていると炊事洗濯は母親にしてもらいながら生活をしていて、結婚後は妻がするのが当然だくらいにしか考えていないようです。

【ワーカーホリックで仕事さえしていれば良いという考え】
仕事さえして収入を入れていれば、家族はしあわせに暮らしていると考えている場合です。
このタイプの場合妻が割り切っていれば問題ないのですが、定年後、自分の身の回りの事すらできず、
また家族と触れ合いも少なくコミュニケーションが取れていなかったために家庭でも居場所がなくなり、
不満を積み重ねてきた妻にとっては定年退職後の夫は単なるお荷物となり、熟年離婚まっしぐらということになりかねません。

家事や育児などとにかく何もしない夫……実は大きく分けると2つの種類が存在する

家事や育児などとにかく何もしない夫……実は大きく分けると2つの種類が存在します。

A.家事を手伝う気はあるものの、一体何をしたらいいのかわからないタイプ
B.そもそも家事を手伝う気がないタイプ

Bの場合は諦めも必要かも知れませんが、あなたの夫がAである可能性も捨てきれませんね。
では、どうしたら家事をするようになるのかを考えてみましょう。

そもそも「言われないと分からない夫=言われたことはやっている夫」であって
意識の違いによるものなんですね。
男性の「家事をしている意識」とは、ちょっとお皿を洗う程度でも「やったぞ!」という意識レベル。
また「どこから手を出していいのか分からない」「何をして良いのか分からない」「家事の範囲を知らない」という場合もあるようです。

夫が協力的でない事で離婚危機までに発展してしまうのは
「助け合ってくれない=夫婦間の愛情がないのではないか」と妻が感じ取ってしまうから。
そうならない為にも夫はコミュニケーションの一環として家事分担を行い、妻は家事が出来る夫になるように自分の行動も見直してみましょう。

どう頼んだら、気持ちよく手伝ってくれるか

それでは、どうしたら夫が家事をしてくれるようになるかに焦点を当ててみましょう。

1.選択させる。
「AとB、どちらなら出来る?」「CかDをお願いしたいんだけど、どちらが良い?」など。

2.ほめて伸ばす!
子どもと一緒ですね。

3.少しづつ、妻のしていた家事を手放していく。
今まで家事を一人で抱えてこなしてきた妻には、案外手放すことが出来ない人が多いのです。
理由は、自分がしたほうが早いしキレイ、夫の家事を信用できないなど。
しかしいずれ夫と分担することを考えているのなら、やりたくなる気持ちをぐっとこらえ少しづつ手放し、やらせてあげることです。

4.子どもを利用する
「パパと一緒にやりたいんだって!」「あなたとすると子どもたちも楽しそうよ」など、子どもを使ってみましょう。

まとめ

やってくれない事ばかりに目を向けていると負の感情に支配されてしまいますよね。
しかし男性側はこんなふうに感じていることが多いようです。

・やったことに対して文句を言われる
・妻が後からこっそりやり直している
・ありがとうと言われたことがない
・妻がやっているので手を出しにくい

そうなんです!
夫も家事を協力したい気持ちがあるのに、途中で心が折れるような出来事があったのですね。

妻側は夫に対して感謝の気持ちや前向きにさせる一言を添えて上手にアドバイスすることで、「何もできない(しない)夫」から「何かできる夫」に変身させてしまう力を持っています!
妻のお願いの仕方が重要なポイントであるということを解っていただけましたか?
本当に我慢の限界!となる前に、夫婦でしっかり話し合いをし双方の意見や思いを改めて理解することがとても大事なんですよ。

 

 

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

あなたの身近にいるかもしれない!モンスター妻の存在とは?
あなたの身近にいるかもしれない!モンスター妻の存在とは?

妻の態度が夫の前では急変する・・・ 周囲からの評判はとても良いのに何故か家庭では猛威を振るう・・・ という夫婦関係、じつは珍しい話ではありません。 あなたのパートナーは大丈夫? 放っておくとエスカレートしてしまうモンスタ …

9割の夫婦が選択する協議離婚のメリット・デメリットとは!
9割の夫婦が選択する協議離婚のメリット・デメリットとは!

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。 離婚にはいくつかの種類があるのはご存知だと思いますが、本日は【協議離婚】についてお話します! 現在、日本でもっとも多い離婚は【協議離婚】です。 厚生労働省の資料による …

夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!
夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!

寒い夜に身体を温め合うヤマアラシのジレンマって? 「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存知でしょうか? 全身を固い針で覆われている2匹のヤマアラシが身を寄せ合いたくて距離を縮めるのですが、お互いの針が刺さって傷付け合って …

離婚を決めたら子どものためにできること
離婚を決めたら子どものためにできること

子どもを守るために離婚をしない選択も、子どもを守るために離婚をする選択も間違ってはいません。 そのどちらも、様々な事情や背景があるからです。 ただ「離婚しない理由」を子供のせいにしないこと。 そして離婚が子どもにとってど …

【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません
【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません

結婚7年、30代女性、子どもひとり。 夫から突然離婚を迫られました。原因は「性格の不一致」「家事をしない」「教育観の違い」「独りになって考えたい」。 余りに突然で、びっくりしています。 私もフルタイム勤務をしているので忙 …

価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは
価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは

夫婦の理想や思い込みに縛られてしまうと、苦しくなってしまいます。 初めは自分一人が苦しかったものも、相手を巻き込みいつか夫婦二人とも苦しくなってしまいます。 価値観の押し付けをされたら、誰でも息苦しくなり逃げたくなります …

夫婦問題に悩み苦しむあなたに伝えたいこと。
夫婦問題に悩み苦しむあなたに伝えたいこと。

離婚と修復の狭間で揺れている時が、もっとも苦しい時だということを私は身を持って経験しています。 どうするか、どうしたいか、を決めてしまえば気持ちが不思議と楽になるのです。 例えて言うならば、目標が明確になるために意欲が湧 …

夫婦喧嘩を最小限にするヒント
夫婦喧嘩を最小限にするヒント

夫婦間に勝ち負けも敵味方もない 大したことではなかったはずなのに、いつの間にか大きな喧嘩に発展していた・・・こんな事は誰だって経験があるのかもしれません。 まず喧嘩にならない考え方のコツとして、夫婦間に勝ち負けも敵味方も …

【愛され妻の特徴】甘え上手で守りたくなる妻
【愛され妻の特徴】甘え上手で守りたくなる妻

  しっかり者の妻ほど、夫が浮気に走りやすい しっかり者の妻ほど、夫が浮気に走りやすい・・・この男性心理を少し読み解いてみましょう。 男性は「女性を守りたい」「頼られたい」という意識が高い人が多いのですが、妻が …

離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。
離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。

衝動的に離婚をしてしまうことは、今後の生活の為にも子どもの為にも良いとは言えません。 売り言葉に買い言葉で、離婚話がどんどん進んでしまって後々後悔するなんてことにならないようにして欲しいのです。 離婚がすべてではない! …