夫婦関係修復を目指す女性に知ってほしい5つのチャレンジ

夫婦円満・修復の方法・修復のコツ

夫婦関係が崩壊していく・・・これは女性にとって考えたくもないような事なのではないでしょうか。
多くの女性にとってしあわせを感じる場所が家庭であり、夫に愛されること、子どもの成長を家族で喜び合えることが生涯を通してのしあわせだと思う人も多いでしょう。
もしあなたが今、夫婦関係につまづいていて、まさに離婚問題へと進んでしまいそうであったならぜひ実践してほしい「5つのチャレンジ」をお伝えします。

夫をジャッジしない

真面目で頑張り屋な妻ほど、夫をジャッジしてしまう傾向にあるようです。
男性はプライドを傷付けられることを嫌います。
夫の欠点を探して修正させようとしたり批判をしたところで、決して良い方向へは向かいません。
それ以上に彼が持つ長所を敢えて褒めることで、夫はますます長所を増やし愛情をもってあなたと接してくれるはずです。

強く、しなやかに対応する努力

夫の対応が冷たい、現在進行形で浮気が続いている、別れようと言われ続けている・・・そんな状況にあっても怯まないでくださいね。
何を言われても、貴女にとってその道が正しいと感じ修復を試みようと決めたのならば、しなやかに対応して欲しいのです。
なぜ夫が別れを急いでいるのか、なぜ冷たくなってしまったのかを冷静に分析しつつ次の行動を考えましょう。
感情的になって間違った行動を起こしてしまうことによって、離婚問題へと急発進してしまうこともあります。
何を言われようと、もしくは何の反応がなくとも、自分の直感を信じしなやかに対応することを覚えると、夫婦関係だけでなく貴女自身がこれから生きていくうえでとても楽になるはずです。

夫を全面的に受け入れ、信頼する

修復すると決心したのなら、夫のすべてを受け入れる覚悟をしてください。
夫のすべてを信頼し、夫に対し素直に感謝できる気持ちを持つようにあなた自身が変わってしまいましょう。夫を変えようとするのではなく、自分が変わる意識を持ちましょう。
彼の弱点や欠点を受け入れて、彼の行動をコントロールや抑制せずに、彼を受け入れ信頼してください。
あなたが夫を受け入れ信頼することで、夫があなたの変化に気が付き、夫も変わってくる可能性が高いのです。

かならず修復できるという意思をもつ

かならず、修復できます。
かならず、修復させるのです。
かならず、夫が帰ってくる家庭を作ります。
かならず、愛される妻になります。
心が折れそうになったら、声に出して何度も唱えましょう。
声に出すことでまた新たに決意表明をするのです。

あなた自身が輝く

しあわせになる事を願いながら、しあわせになることを拒否したり否定する行動をついしてしまう。
実際そうやっていつまでもその場所に立ち止まっている方もいるのです。
妻が怪訝な顔やつまらない顔、悲しい顔をしていたら夫のモチベーションも下がってしまいますね。
妻が楽しんで笑顔でいることで、夫は嬉しくなりあなたを大切に扱ってくれるようになるでしょう。
ただ何もせず「しあわせにしてもらおう」という考えを捨て、あなたの心がしあわせになれるような日常を積んでいくことで、あなた自身に輝きが生まれ、その効果から夫婦関係も良好になり真のしあわせを掴み取ることになるでしょう。
外見も魂も磨いていくようなイメージで、自分を輝かせることを愉しんでみてはいかがでしょうか。

まとめ

辛い出来事を乗り越えての夫婦関係修復には、努力が必要です。
あなたに降りかかったこの出来事は、気付きを与えるための壮大なメッセージだったのかもしれません。
修復を選択したのならば、強い覚悟とおおらかな気持ちをバランスよく保って、焦らず一歩一歩確実に進めていきましょう。
夫婦再生への進め方がわからない、ひとりで修復する自信がない、という方は是非ご連絡ください。
ひとりひとりにあった方法でプランニングし、全力でサポートさせていただきます。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】旦那の浮気が本気になり離婚を突き付けられています。
【相談事例】旦那の浮気が本気になり離婚を突き付けられています。

結婚5年、30代女性、子ども1人。 旦那の浮気が本気になってしまったようで、別れて欲しいと言われています。 すぐ離婚に応じれば慰謝料も養育費も払うから別れて欲しい、話し合いもしたくない、子どもを連れて出ていって欲しいと言 …

夫婦問題は悩んでいるだけでは何も変わりません
夫婦問題は悩んでいるだけでは何も変わりません

大きな問題は、小さな悩みのかたまり 小さな悩みをたくさん抱えてしまうと、 それが何時しか大きなひとつのかたまりに見えてきます。 その時わたしたちは、この悩みについて 大きなかたまりだからと「太刀打ちできない気持ち」になっ …

『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?
『お金が無いから慰謝料は支払えない』と離婚相手に言われたら?

離婚の際のお金について離婚成立前にしっかりと考えよう 離婚に伴って問題となるお金の話には大きく分けて「慰謝料」「財産分与」「養育費」「年金分割」です。 離婚後の生活を安心してスタートさせるためには、面倒でも大変でもお金の …

【マインドブロック解除メニューのお知らせ】
【マインドブロック解除メニューのお知らせ】

【マインドブロック】とは 過去の経験や失敗がきっかけとなり、 行動にブレーキを掛けたりマイナスの固定観念が生まれ、 それによって新たな行動や自分らしく生きられないなど 【あなたらしさを妨げる要因】となるブロックのことを言 …

【相談事例】離婚した夫に対する負の感情をどう整理したら良いでしょうか
【相談事例】離婚した夫に対する負の感情をどう整理したら良いでしょうか

『数年前に別れた夫の事を、ふとした時に思い出します。それも負の感情。いつまでも憎くてたまらないのですがこんな時はどう気持ちを整理したら良いのですか?』 「納得した離婚」は「しあわせな離婚」 離婚が成立した時にあなたが心の …

就学援助制度について
就学援助制度について

就学援助制度とは 経済的理由によって学用品費や給食費、校外活動費などの支払いが困難な世帯に対して、費用の一部を援助する就学援助制度があるのをご存じですか? 学校教育法第19条において「経済的理由によって、就学困難と認めら …

たとえば、離婚と子どもの貧困について
たとえば、離婚と子どもの貧困について

埼玉県が女性の貧困問題支援事業に取り組みます! この度、6月から2019年3月まで埼玉県男女共同参画センターが主催する「女性リーダー育成講座」の受講をさせて頂くことになりました。 本年度、埼玉県では女性の貧困問題支援事業 …

”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!
”ホルモン”を味方につけて、夫婦仲を円滑にさせちゃおう!

ホルモンについての超簡単な説明 そもそもホルモンて一体なんなの?ってところからなんですけれど・・・。 私くらいの年齢になると、更年期なども気になり始めて「女性ホルモン」なんて単語にふっと過敏になったりするものだったりしま …

修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。
修復を目指すなら、○○はしないほうがいい。

修復はしたい。でも・・・ 「一度離れて暮らそう」というようなセリフと共に、安易に別居をしてしまう2人。 信頼関係が築かれた夫婦の別居とは違って、夫婦関係が破綻するか修復出来るかの瀬戸際にいる二人が安易に別居を選択するのは …

大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ
大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ

悲しい気持ちに蓋をしない 傷付いたその気持ち、悲しい感情、辛い想い・・・ 自分さえ我慢すれば、家庭はうまくいくのだと思い込んでいませんか? それね、間違いなのです。 勝手な思い込みです。 家族の中の誰かひとりでも『我慢』 …