【相談事例】浮気した夫に私の辛さを分からせたい

夫婦関係再生・夫婦関係修復・不貞からの再生
結婚11年、30代女性、子ども3人。
仕事一筋かと思っていた夫が浮気をしていたことが分かりました。
毎日帰宅が遅く休日も少ないのは家族のために仕事を頑張ってくれているのだからと思いながら、私も頑張って子ども3人を必死に育ててきました。
今は浮気相手とも関係が終わり反省しているようですが、夫をとても信じていただけに浮気が分かってからはショックが大きく、何とかこの私の気持ちをわからせたい、わからないなら夫に制裁を加えたいとまで思ってしまいます。


ご主人が仕事だと言って家を出れば、ひとりで家事育児をこなさなければならなかった。それもお子さん3人の育児ですからとても大変ですよね。
ご主人を信用していただけに、裏切られたという思いも強かったのでしょう。
お辛かったですね。
あなたが3人の子どもの世話をひとりで奮闘してきた強さと忍耐は立派です!
「自分は頑張ってる、良くやってきた」と自分で自分を褒めてあげて下さい。
母親業はとても大変な仕事、それを今まで必死になってちゃんとこなしてきたのだから、その間浮気をしていたご主人に自分の辛さをわかって欲しいと思うのはごく自然な気持ちだと思います。

浮気をした側にも罪悪感はある

ただね、またここでご主人に浮気した事実をなじったり、問いただしたり、私の気持ちをわかってよと強制してもそれは逆効果。
どんどん気持ちが家庭の外に向いてしまいます。
浮気をした張本人は、浮気をしている事に罪悪感を感じているのです。心のどこかでは配偶者に悪いなと思っている。初めはね。
でも本人も罪悪感を見ないふり、無いふりをしています。自分がしていることは裏切り行為や家族を傷付けている行為だということを認めたくないから、無自覚のまま自己防衛に入っています。
そして、なじられたり問いただされたりしていくうちにその罪悪感は増えるどころか減少していき、逆に正当防衛に入っていきます。
他者に責任を擦り付けるような発言がこういった時に良く見られるのは、そんな心理から。
なじる側、問いただす側は、言えば相手が罪悪感を感じるのではないかと思ってやっているでしょうが、逆なのです。

期待するから辛くなって苦しくなる

「自分の辛さをわかって欲しい」とご主人に期待することをやめてみませんか?
期待してしまうからあなたも裏切りだと感じるし、認められていないと思ってしまうのです。
今までの頑張りや努力に対して誰も見ていない訳ではありません。
ご主人が理解せず協力しなかった空白の期間が有ったとしても、周囲であなたの生き方を見守ってくれていた人たちには必ず伝わっているのです。
ご主人にわかって欲しかったでしょうけれど、でもこの先3人の子育てに協力してもらい、実体験を通じて理解して貰うのがいちばん。
それに、まだ小さいお子さん3人をひとりで育て上げるのは経済的にも体力的にもとても大変かと思います。
ここはご主人も反省しているようですので、制裁を加えるよりも夫婦関係を修復に向けて進めていく方法を考えていったほうがはるかに良いのではないでしょうか?
夫の不倫が終わってからの夫婦再生について、また不倫をされた側の心の回復方法など、不安があればカウンセリングを利用して欲しいと思います。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

配偶者の浮気相手と直接対決、する?しない?
配偶者の浮気相手と直接対決、する?しない?

配偶者の浮気を見つけてしまった場合、妻(夫)は大抵が平常心ではいられなくなってしまいます。 自分の気持ちをどう保てば良いのか、なぜこうなってしまったのか、そして配偶者の裏切りに対する怒り。 この怒りの矛先が夫に向かう人と …

身の周りに起こることのすべてはベストタイミング
身の周りに起こることのすべてはベストタイミング

身に起こることすべてに意味がある わたしたちが紡いでいく日々の暮らし。 その日々が積み重なると、それは「人生」という言葉で表されます。 HAPPYに過ごせた日は最高。 でも理不尽な出来事があったり、悲しい想いをした日は・ …

たとえば、離婚と子どもの貧困について
たとえば、離婚と子どもの貧困について

埼玉県が女性の貧困問題支援事業に取り組みます! この度、6月から2019年3月まで埼玉県男女共同参画センターが主催する「女性リーダー育成講座」の受講をさせて頂くことになりました。 本年度、埼玉県では女性の貧困問題支援事業 …

【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています
【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています

結婚18年、40代女性、子どもなし。 性格の不一致や金銭感覚の違いで離婚をする運びとなり協議で進めていますが、飼っている犬をどちらが引き取るかで揉めています。 小型の室内犬で現在10歳と7歳の成犬ですが2匹を引き離すのは …

大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ
大切なのは、あなたが今後どうしたいかということ

悲しい気持ちに蓋をしない 傷付いたその気持ち、悲しい感情、辛い想い・・・ 自分さえ我慢すれば、家庭はうまくいくのだと思い込んでいませんか? それね、間違いなのです。 勝手な思い込みです。 家族の中の誰かひとりでも『我慢』 …

あなたは大丈夫?危ない夫婦5つの特徴!
あなたは大丈夫?危ない夫婦5つの特徴!

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。危ない夫婦の5つの特徴を挙げてみました。 1. 夫婦間のコミュニケーションが全くない、あっても足りていない。 夫婦としてもっとも大切なことですが、仕事で多忙、すれ違いの …

長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?
長期の里帰り出産がもたらす離婚危機、あなたの妻は大丈夫?

妻の長期に渡った里帰り出産が夫婦の危機に繋がったというご相談を立て続けにいただきました。 もし、あなたの妻が里帰り先から戻りたくない様子なら、それは夫婦関係を見直すサイン。 夫婦で子育てしていくには何をしたらいいのか、ど …

【相談事例】再婚して今は幸せなはずなのに、過去の辛い思いが消えず苦しい
【相談事例】再婚して今は幸せなはずなのに、過去の辛い思いが消えず苦しい

結婚2年、30代女性、前夫との子どもが1人と現在妊娠中。 4年前に離婚し、その2年後に再婚。離婚理由は元夫の女性問題と、お酒を飲むと暴言暴力が酷くなり私や子どもに手を上げるようになったために、逃げるように子どもを連れて家 …

【マインドブロック解除メニューのお知らせ】
【マインドブロック解除メニューのお知らせ】

【マインドブロック】とは 過去の経験や失敗がきっかけとなり、 行動にブレーキを掛けたりマイナスの固定観念が生まれ、 それによって新たな行動や自分らしく生きられないなど 【あなたらしさを妨げる要因】となるブロックのことを言 …

自分を大切にする、ということ。
自分を大切にする、ということ。

誰かのために自分の気持ちを犠牲にしていませんか? 「夫に大切にされたくて、修復セッションを受けようと思いました。でも、今はそうじゃないんだって思います。私が私を大切にしたい。」 2回目のカウンセリングを受けた女性の言葉で …