【相談事例】再婚して今は幸せなはずなのに、過去の辛い思いが消えず苦しい

再婚後の不安・離婚のトラウマ
結婚2年、30代女性、前夫との子どもが1人と現在妊娠中。
4年前に離婚し、その2年後に再婚。離婚理由は元夫の女性問題と、お酒を飲むと暴言暴力が酷くなり私や子どもに手を上げるようになったために、逃げるように子どもを連れて家を出ました。
その後今の夫と出会い2年前に再婚。夫はとても優しく女性とは無縁でお酒も煙草もやりません。子供のことも大切にしてくれています。
いま私はとても幸せですが、時々辛かった過去の結婚生活を思い出し、また同じことが起こって離婚になるかも知れないと考えて苦しくなってしまいます。不安や苦しみが頭から離れず、こんな自分では夫や子どもに申し訳なく思ってしまいます。


 

生活を守るために頑張ってきた勇気と忍耐は本当に立派

以前の結婚生活では相当辛い思いをされてきたあなた。お子さんと自分の生活を守るために頑張ってきた勇気と忍耐は本当に立派ですよね。
今は素晴らしいご主人と再婚されて、お腹には新しい生命が宿っているのですね。おめでとうございます!「いま私はとてもしあわせ」とおっしゃっているように、しあわせを満喫してくださいね。・・・とは言いつつ、なかなか不安を手放せないからご相談下さったのだと思います。
過去に夫婦問題で悩んだ人は「自分が愛されている自信が持てない」「いつまでこの幸せが続くか分からない」と感じてしまうのは仕方のないこと。無理矢理忘れようとしたり、考え方を変えようと思ってもそう簡単に忘れることなんて出来ないのも仕方のないことです。
また、妊娠中とのことなので女性ホルモンの影響で些細なことに反応してしまうこともあるでしょう。妊娠中は兎角ナイーブになりやすいものです。

今のあなたが今を楽しんでいることに家族も喜びやしあわせを感じている

無理に忘れようとか、夫や子どもに悪いからとか、考えなくて大丈夫だと思います。
今のご主人は、今のあなたが今を楽しんでいることに喜びやしあわせを感じているのですから、あなたもそれを受け入れてどんどんしあわせになって欲しいのです。
その為にもあなたが心配する「また同じことが起こって離婚になるかも知れない」という不安は思い切って手放しましょう。
前夫と今のご主人はまったくの別人。
【~~かも知れない】という先取り不安は無意味だし、見えない先の心配をすることを止めれば今の苦しみから心が解放されて楽になれると思います。
「わたしはしあわせになって良い」といつも思っていてください。
それでも不安が解消されない・手放し方が分からない等ありましたら、カウンセリングなどを利用してみて下さいね。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 夫婦再生
タグ:,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

離婚後の戸籍・姓について、あなたはどう考えますか?
離婚後の戸籍・姓について、あなたはどう考えますか?

子供にとっても姓が変わるというのは一大事 離婚後に子供の姓をどうするかで悩む方は結構いらっしゃいます。 私も同じでとても悩みました。 やはり子供にとっても姓が変わるというのは大きな変化なんです。 学校、友達から呼ばれてい …

修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動
修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動

夫のスマホを見ない! 他にも隠していることがあるのでは?浮気相手の情報が欲しい!どんなやり取りをしているのだろう・・・等浮気が発覚したら考えてしまうこともありますよね。 そんな時、ついつい夫のスマホに手が伸びることがある …

たとえば、離婚と子どもの貧困について
たとえば、離婚と子どもの貧困について

埼玉県が女性の貧困問題支援事業に取り組みます! この度、6月から2019年3月まで埼玉県男女共同参画センターが主催する「女性リーダー育成講座」の受講をさせて頂くことになりました。 本年度、埼玉県では女性の貧困問題支援事業 …

産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・
産後うつ、その苦しみを乗り越えるには・・・

産後うつとは 産後うつと産後クライシスは違います。 産後クライシスは、新しく赤ちゃんが家族に加わり、夫の理解不足や 妻のホルモンバランスの変化などの理由が積み重なることで、 これまで感じなかった夫婦の亀裂が入ることをいい …

夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!
夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!

夫婦喧嘩をいつも見せられている子どもは、こころが不安定になってしまいます。 両親が罵り合う姿を見ることで恐怖心と不安感でいっぱいになってしまうのです。 小さな子どもにとっては、両親や家庭が「生活のすべて」。 幼稚園や学校 …

夫婦関係修復を邪魔する2つの心理
夫婦関係修復を邪魔する2つの心理

妊娠中に不倫をされてしまった・・・奥様の気持ちを考えると、それはもうはらわたが煮えくり返るような出来事かと思います。 実際、このようなケースは珍しくもなく、妊娠中こそ夫の浮気に気を付けなければならないというのは、結構妊婦 …

離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。
離婚を視野に入れたなら、まずは離婚後の生活を想像してみること。

衝動的に離婚をしてしまうことは、今後の生活の為にも子どもの為にも良いとは言えません。 売り言葉に買い言葉で、離婚話がどんどん進んでしまって後々後悔するなんてことにならないようにして欲しいのです。 離婚がすべてではない! …

男性の『大丈夫』は本当に大丈夫?お互い嫌な思いをしない為に。
男性の『大丈夫』は本当に大丈夫?お互い嫌な思いをしない為に。

男性の「大丈夫」とそれを信じたい女性 男性から「大丈夫だよ」と言ってもらえると、女性は安心してつい「大丈夫なのね~」とそのまま委ねたり言葉を鵜呑みにして行動してしまったりしますよね。 大丈夫、と言ってくれた相手が信頼をし …

離婚は、結婚よりも『慎重』に。
離婚は、結婚よりも『慎重』に。

安易な離婚の先には後悔しか残りません。 あなたがもし離婚を決意したのならば、 『離婚がゴールでは無い』ということをしっかりと頭に叩き込んで 離活をスタートさせましょう。 離婚するのに、なぜ準備が必要なのか 命に危険のある …

愛と執着
愛と執着

誰もが感じたことのある〇〇心。 「わたしはあなたをこんなにも愛しているのに!」 「あなたのために(なにかを犠牲にしてまで)尽くしている」 「あなたが居ないとわたしは辛い」 このような気持ちを、パートナー・配偶者・子・親・ …