【相談事例】旦那の浮気が本気になり離婚を突き付けられています。

浮気・離婚相談・移り気
結婚5年、30代女性、子ども1人。
旦那の浮気が本気になってしまったようで、別れて欲しいと言われています。
すぐ離婚に応じれば慰謝料も養育費も払うから別れて欲しい、話し合いもしたくない、子どもを連れて出ていって欲しいと言われています。
このまま旦那の気持ちが戻らないのなら離婚も仕方ないと考えていますが、子どもがいるので出来れば別れたくありません。これから先がとても不安です。


結婚5年でお子さんが1人、お子さんはまだ幼いのですね。子育ても大変な時期に、ご主人は浮ついた気持ちでいて目の前の現実と向き合おうとしないのですね。
これから先が不安だというあなたの気持ちはもっともだと思います。今までご主人の冷たい対応によく耐えていらしたと思い、カウンセリングに繋がってくれて良かったと感じています。
不安を少しでも減らしていきましょう!

有責配偶者からの離婚請求は原則認められない

「子どもがいるので出来れば別れたくありません」とのことですが、有責配偶者(婚姻関係の破綻について責任のある者)からの離婚請求は原則認められないということになっています。
あなたが離婚したくないと言えば、離婚成立しない可能性が高いということですね。
また「離婚届けの不受理申し出」を本籍地、又は住所地の市区町村役場に提出しておくと、万が一勝手に離婚届が出されたとしても離婚届けの不受理申し出が先に受理されていれば離婚届の受理がされません。もしも心配でしたら、このような手続きをされてみると良いと思います。

もしも、離婚となったら・・・離婚届に判を押す前に再確認を。

ご主人の威圧的な態度や強引な誘導で思わず離婚届に判を押してしまうようなことはないように気を付けましょう。
今の段階で「すんなり離婚に応じれば慰謝料や養育費をきちんと支払う」「話し合いもしない」「子どもを連れて出て行け」などと言っている訳ですが、口約束のまま離婚して果たしてその約束がきっちり守られるかどうかは分かりません。ご主人がここまで急ぐ必要も、なにか理由があるのかも知れませんよね。
結婚5年の間に夫婦間ではどのような変化があったのか考えてみる必要もありそうです。
もしも離婚となった場合、不貞による慰謝料やお子さんの養育費が発生するので、口約束ではなく公正証書か調停調書に残すようにしたほうが良いでしょう。
相手の女性からも慰謝料を請求できますから、証拠などは押さえておくべき。
使う使わないにしろ、あなたにとってお守りとなってくれます。

急いで決断することではない

離婚を迫られているとしても、離婚理由が相手の不貞であった場合はあなたが急いで決断しなくても良いのです。自分の気持ちにGOサインが出るまで【自分軸で自分はどうしたいか】を考えてみましょう。
人の心は時間と共に移ろい変わるもの。離婚を迫られている今は不安でしょうが、熟考できる期間があれば「焦らず急がず慌てず騒がず」です。あなた自身がしあわせになるために、5年先10年先にはどうなっていたいのかをしっかり考えてみてくださいね。
どのような選択をされても、今まであまり感情的にならずに物事を進めてこられたのでしたらこれからもきっと大丈夫。あなた自身のチカラでしあわせになれるはずです。お子さんの為にも頑張ってくださいね。

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【相談事例】離婚した夫に対する負の感情をどう整理したら良いでしょうか
【相談事例】離婚した夫に対する負の感情をどう整理したら良いでしょうか

『数年前に別れた夫の事を、ふとした時に思い出します。それも負の感情。いつまでも憎くてたまらないのですがこんな時はどう気持ちを整理したら良いのですか?』 「納得した離婚」は「しあわせな離婚」 離婚が成立した時にあなたが心の …

【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます
【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます

結婚9年、30代女性、子ども1人。 6年前に夫の浮気が発覚、その後夫は浮気相手との関係も終わり何となく現在に至ります。 今の生活そのものに不満があるわけでは無いのですが、私のほうが夫に対する不信感が拭えきれずにいること、 …

離婚を決めたら子どものためにできること
離婚を決めたら子どものためにできること

子どもを守るために離婚をしない選択も、子どもを守るために離婚をする選択も間違ってはいません。 そのどちらも、様々な事情や背景があるからです。 ただ「離婚しない理由」を子供のせいにしないこと。 そして離婚が子どもにとってど …

【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています
【相談事例】離婚。子ども同然に可愛がってきたペットをどちらが引き取るかで揉めています

結婚18年、40代女性、子どもなし。 性格の不一致や金銭感覚の違いで離婚をする運びとなり協議で進めていますが、飼っている犬をどちらが引き取るかで揉めています。 小型の室内犬で現在10歳と7歳の成犬ですが2匹を引き離すのは …

【夫婦問題でお悩みのあなたへ】
【夫婦問題でお悩みのあなたへ】

あなたが進みたい道は、夫婦再生ですか?失敗しない離婚ですか? 誰だって今よりもっとしあわせになりたいと日々考えているのですよね。 今まで築き上げてきたもの、積み重ねてきたもの、それらすべて本当は何よりも大切な宝物。 「い …

愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ
愛されたいのに、愛を受け取らないあなたへ

「彼の気持ちが無くなってしまったようです」 「最近、夫の愛情を感じられなくなってしまいました」 「妻が私に無関心のような気がして淋しい」 こんな心の叫びが、日々生まれています。   今の状態に不満? 見方を変え …

養育費未払いを防ぐ方法とその対策!
養育費未払いを防ぐ方法とその対策!

感情的に離婚をせずに養育費の取り決めはしっかりと! 小さな子どもを抱えて離婚する夫婦が増えています。 国や自治体からの支援も昔よりは充実したことは確かですが、 片親で子どもを育てながら親子が安定した生活を送るだけの収入を …

価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは
価値観を手放して夫婦関係を修復する方法とは

夫婦の理想や思い込みに縛られてしまうと、苦しくなってしまいます。 初めは自分一人が苦しかったものも、相手を巻き込みいつか夫婦二人とも苦しくなってしまいます。 価値観の押し付けをされたら、誰でも息苦しくなり逃げたくなります …

離婚を回避できる夫は、妻が離婚を決意する5つの理由を知っている
離婚を回避できる夫は、妻が離婚を決意する5つの理由を知っている

最近は男性からのご相談やお問合せも多く寄せられています。 その内容は「妻から離婚を言い渡された」というものが圧倒的に多く、どのようにしたら妻の気持ちを振り向かせたり修復に繋げることが出来るのかというご相談です。 妻からハ …

突然「離婚したい」と言われたら!
突然「離婚したい」と言われたら!

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。突然、夫(妻)から「離婚したい」と言われたら、あなたならどうしますか?「昨日までそんな素振り見せなかったのに・・・」「いったい何が起こったの?」「明日から私と子どもたち …