【相談事例】離婚か修復か。子どものためにやり直す必要はありますか?

浮気・不貞・離婚相談結婚9年、30代女性、子ども2人。
結婚してからずっと繰り返される夫の女性問題に悩んでいます。
風俗や不特定多数の女性と遊んでいるようで、その都度何度も話し合い、私も「今度やったら離婚」と伝えるのですが全然懲りない夫の不誠実な態度が許せません。私も心労や不眠が続き、とても辛いです。
この状況が嫌で離婚をしたいのですが、子ども2人が私立の小学校に通っているため離婚をしたら私一人では学費が出せず、子どもが今の学校に通えなくなると思うとこのまま離婚せずに子どものために私が我慢すれば良いのかとも思います。
このまま、子どものために我慢しながら夫婦関係を続けていくべきでしょうか?


まずは、傷付いたあなたの気持ちをあなた自身が大切にしてあげることが先。

長い間、ご主人の不誠実な態度で悩んできたのですね。とても辛かったですよね。
あなた自身の心が今は傷付き、たくさんかさぶたが出来ている状態かなと思います。
治ったと思うとまた傷付けられて、いつしかそれが慢性的になってしまう。
あなたのこころが怪我をし続けている状態なのかなと思います。
まずはあなたの気持ちを「あなた自身」が大切にしてあげましょう。そこからがスタートです。

話し合っても無理な人がいるのも現実

ご主人とはその都度何度も話し合ってきたということですが、風俗や不特定多数の女性と繰り返す不貞は、話し合いくらいでは収まらないかも知れません。
ある種の癖や性依存など考えられることはいくつかありますが、話し合いを繰り返しても無駄だということは、ご主人にとって家族の苦しみよりも自分が優先なのです。
でもだからといってご主人はあなたに不満がある訳でもない。
相手は不特定多数や風俗ですから、単なる遊び程度に考えているのでしょう。
それから、話し合いの際に簡単に「離婚」という言葉を口に出さないほうが良かったのかもしれません。
この言葉を使う時は本当に離婚を決意した時だけ。
実際「次やったら離婚よ」と言っても繰り返し不貞をしているご主人と離婚をしていない訳ですから、ご主人を安心させているのと一緒です。
脅し文句で使ってはいけないキーワードです。

「子どものために離婚しない」という言葉は本当に子どもの為なのか?

「子どものために夫婦関係を続けていくべきでしょうか」とありますが、子どもはお母さんが苦しい思いをしているのをずっと近くで見て感じていると思います。
今後も子どものために、この夫婦関係に我慢し生活することが良いと思いますか?
子どもは実際それでしあわせだと感じるのでしょうか。
たとえ離婚になったとしても、お母さんの笑顔や穏やかな雰囲気があれば、子どもにとってはいちばん安心で豊かなのではないかなと私は思うのです。
離婚の際に学費がネックであれば、養育費の一部として私立の学費を卒業まで出してもらえるかなど交渉していけば良いのです。
それでも通わせる余裕がないという場合は、潔く諦める選択もあります。
すぐ目の前の事柄に焦点をあてるのではなく、長い目で見て人生が豊かになるほうを選択したほうが良いこともあるのです。
離婚はしないに越したことはありませんが、だからといって両親がギスギスした中や母親が辛い思いをしている中で育てられる子どもの気持ちを考えるといたたまれません。
子どもの将来性を信じることと、あなたの人生がしあわせになることが最も大切です。
不安でしたら是非一度ご相談くださいね。

 

カテゴリー: 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:, ,

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

【愛され妻の特徴】夫が「ずっと一緒にいたい」と思う妻とは
【愛され妻の特徴】夫が「ずっと一緒にいたい」と思う妻とは

夫からいつまでも大事にされたい? そうですよね。せっかく縁あって夫婦になったのですから、 いつまでも大事にされたいし大事にしたい。 そのためにはどうすれば良いでしょうか? 「ずっと一緒にいたい」と思わせる貴女でいることが …

状況を好転させる自分になろう!
状況を好転させる自分になろう!

「こうなりたい」を持っていますか? 夫婦関係を修復させたい、しあわせになる為に離婚がしたい、など考えた時に この先どうなりたいか考えると思います。 夫婦関係の「こうなりたい」を理想で終わらせず、 現実に変えていくことが出 …

もう一度、恋をすることがあるのでしょうか?
もう一度、恋をすることがあるのでしょうか?

こんにちは!上級夫婦問題カウンセラー大野まり子です。 ときどき相談者様から聞かれることは「自分はもう一度恋をすることがあるのでしょうか?」という問です。離婚後のシングルマザーやシングルファザーの恋愛事情、気になりますよね …

パートナーの欠点はあなたへのギフトです!
パートナーの欠点はあなたへのギフトです!

パートナーの欠点を直そうと頑張っていませんか? お互いに、なにひとつ不満のない夫婦なんていない、と思っています。 他の面でカバーできるからこそ、許し合い連れ添えるのが夫婦。 あなたはパートナーの欠点を直そうとして躍起にな …

DVを受けているかも知れないあなたへ
DVを受けているかも知れないあなたへ

DV(ドメスティック・バイオレンス)の問題は根深く、離婚に直結するような夫婦の相談内容として常に上位を占めています。 現在は、周囲からは分かり難いような家庭内だけでの精神的暴力や、生活費を渡さない、借金を繰り返すなどの経 …

夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!
夫婦間にみる「ヤマアラシのジレンマ」程良い距離感が円満の鍵!

寒い夜に身体を温め合うヤマアラシのジレンマって? 「ヤマアラシのジレンマ」という話をご存知でしょうか? 全身を固い針で覆われている2匹のヤマアラシが身を寄せ合いたくて距離を縮めるのですが、お互いの針が刺さって傷付け合って …

浮気の証拠を掴むなら、クリスマス前後3日間がチャンスです!
浮気の証拠を掴むなら、クリスマス前後3日間がチャンスです!

こんにちは!夫婦問題専門カウンセラー大野まり子です。 不貞の証拠を掴みたいのになかなか取れない、探偵を雇いたいが経済的に厳しいのでスポットでお願いしたい、などそんな時にはカレンダーを見てください! 浮気の証拠を確実に取り …

【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません
【相談事例】突然離婚を迫られ、どうしていいか分かりません

結婚7年、30代女性、子どもひとり。 夫から突然離婚を迫られました。原因は「性格の不一致」「家事をしない」「教育観の違い」「独りになって考えたい」。 余りに突然で、びっくりしています。 私もフルタイム勤務をしているので忙 …

『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』
『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』

3組に1組、時間にすると2分に1組の割合で離婚が成立している現代の離婚事情。 そのうちの約6割が「未成年の子どもがいる家庭」というのが現状です。 離婚をすることになるだろうと考えた時に『子どもへの伝え方』も悩みのひとつで …

夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!
夫婦喧嘩がもたらす子どもへの影響と、怒りを抑える方法!

夫婦喧嘩をいつも見せられている子どもは、こころが不安定になってしまいます。 両親が罵り合う姿を見ることで恐怖心と不安感でいっぱいになってしまうのです。 小さな子どもにとっては、両親や家庭が「生活のすべて」。 幼稚園や学校 …