離婚後の養育費未払いを防ぐ為に備えたほうがいいこと!

養育費未払い・養育費減額・離婚離婚後しばらくして養育費が止まってしまった、請求してもはぐらかされてしまって貰えない、それでも子どもにはお金が掛かるから生活が苦しい・・・というシングルマザー世帯は残念なことにとても多いのです。
中には実家や周囲のかたが助けてくれているから何とかなっているという場合もありますが、困っていても誰にも頼れず、専門家や行政に相談することもなく、貧困に陥っている場合もあるのです。

養育費は子どもの権利です!

養育費は子どもの権利です。
夫婦がどんな理由で離婚をしたとしても、子どもの権利を守ってあげてくださいね。
小さな子どもを抱えて離婚した場合、働きながら子どもを育て上げるのはとても大変なこと。
理想や楽天主義的な考えでは現実を乗り越えられなくなることもあるのです。
「お金」はその最たる例で、とくに教育費は必ず掛かるお金だという事が分かっているのですからしっかりと取り決めをして義務を果たしてもらいましょう。
その為にも、子どもと離れて暮らす方には養育費の支払いをすることによって子供への教育義務を果たす役割を担うことを理解してもらわないといけないですよね。

養育費不払いを防ぐためには!

やはり確実なのが公正証書や調停調書を残すこと。
それによって最終的には財産差押えという形で永年分の養育費を押さえることが出来ます。
たった1回の差押命令で月×取り決め年数分が差し押さえることが出来るということは、それほどまでに養育費は守られるべきものである、ということ。
長い年数支払われるべきものですから、お互いの環境や状況も変化が生じるでしょう。
その為にも、離婚成立前に必ず法的効力のある書面に残すことが良いでしょう。

離婚しても子どもにとっての父親(母親)であることに変わりはない

両親が離婚しても、子どもにとっては父親や母親である事実は変わらないのですから、親は子供に対し「生活保持義務」があります。
生活保持義務とは、お互いに同程度の生活レベルを確保する扶養義務で1つのパンを分かち合う義務。
子供と同居してないからといって、子供と一緒に生活している親よりも扶養の義務が軽くなるものではないのです。
たとえば自己破産をしても養育費支払い免除にはならないですし、また、養育費の未払いによる給料の差押えについては、法律で給料(税金等を控除した残額)の2分の1までが差押えの対象になると定められています。

支払ってもらえないケース例

最も多いものが、協議離婚の際の養育費取り決めの不十分さにあります。
口約束や法的効力のない文書でのやり取りですね。
また、始めのうちは支払われていたけれど先細りになった、音信不通になった、相手の失業や病気等で支払いたいが支払える状況では無くなったというケースもあります。
しかしこうなった場合でも、法的効力のある文書を作成していれば養育費を確保することが出来るので、ひとりで思い悩まず早急に専門家に相談すべきだと思います。

「養育費減額」と「養育費増額」の申立をされるケース例

こちらも相手の失業や病気、また再婚により扶養が増えて生活が厳しい等の事情で養育費減額を請求されることがあります。
一旦裁判で決まった養育費を覆すのは相当な理由がない限り難しいことなので、やはり最初の取り決め額がもっとも重要なのです。
逆に自身の失業や病気、子どもの進学等での養育費増額の申立も可能です。
また、原則として再婚をすると新しい養父に扶養義務が発生するため、養育費を受ける権利が無くなります。ただし、いずれ結婚は考えているが戸籍上再婚をしていない、親子関係ができていないという場合には養父の扶養義務が発生しておらず、養育費をもらう対象になります。

面会と養育費支払いはイコールではない!

実際に良くある話が「子どもに会わせないから養育費は支払わない」「子どもと会せれば養育費を支払ってやる」などと、面会と養育費を天秤に掛けた手口で支払いを滞ったり渋ったりするパターン。
離婚の原因によっては一切の面会が与えられないという事もなかにはあるようで、その場合「子どもに会えないのになぜお金を払わなければならないのか」という疑問が湧くようです。
しかし何度も言うように、親は子供に対し「生活保持義務」があります。
血を分けた子どものために最低限の義務を果たしてもらいましょう。
面会交流権と養育費支払いの義務はイコールではありません!

だからやらなくてはいけないことがある!

この子どもの権利を守るために、育てる側は離婚成立前に必ずきちんとした養育費の取り決めをしなくてはならないのです。
月々いくら支払われるのか、何歳まで受け取ることが出来るのか、進学などの節目はどうするのか、万が一支払われなかった場合はどうするか等、様々な状況を想像して子どもに掛かるお金を算出してくださいね。
そういったことの一つひとつが、結局すべて子どものために繋がっているのです。

カテゴリー: ひとり親家庭, 埼玉離婚相談ブログ, 離婚問題
タグ:

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

自分を大切にする、ということ。
自分を大切にする、ということ。

誰かのために自分の気持ちを犠牲にしていませんか? 「夫に大切にされたくて、修復セッションを受けようと思いました。でも、今はそうじゃないんだって思います。私が私を大切にしたい。」 2回目のカウンセリングを受けた女性の言葉で …

老後2000万円問題に思う、シングルマザーのための資産形成
老後2000万円問題に思う、シングルマザーのための資産形成

老後の不安はあるが生活費と教育費で老後資金が貯められないシンママたち 2019年6月に金融庁の市場ワーキンググループがまとめた提出書により、老後2000万円問題が大きくクローズアップされました。 「老後資金は年金だけでは …

『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』
『離婚することになりそうですが、子どもにどう伝えたらいいですか?』

3組に1組、時間にすると2分に1組の割合で離婚が成立している現代の離婚事情。 そのうちの約6割が「未成年の子どもがいる家庭」というのが現状です。 離婚をすることになるだろうと考えた時に『子どもへの伝え方』も悩みのひとつで …

『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?
『私ばかり我慢している!』と夫婦関係に不満が募っていませんか?

「私ばかり我慢している!」と夫婦関係に不満がある場合、それは相手に対しての不満では無くて『自分に対しての不満』だったりするのです。 妻の言い分と、夫の考えはこんなに違う! 妻は、自分の趣味ばかり優先する夫にいつも腹を立て …

母子家庭貧困を防ぐために考えること、すべきこと
母子家庭貧困を防ぐために考えること、すべきこと

わたしが女性の貧困問題について学びを深める理由 現在私は埼玉県男女共同参画センター主催の講座で女性の貧困問題やジェンダー論を学んでいます。 約1年かけて様々なテーマの講義を受け、自らも探求したいテーマを課題学習とし、テー …

状況を好転させる自分になろう!
状況を好転させる自分になろう!

「こうなりたい」を持っていますか? 夫婦関係を修復させたい、しあわせになる為に離婚がしたい、など考えた時に この先どうなりたいか考えると思います。 夫婦関係の「こうなりたい」を理想で終わらせず、 現実に変えていくことが出 …

離婚後の人生を愉しむ秘訣
離婚後の人生を愉しむ秘訣

離婚後にしあわせになれる人となれない人の違い 離婚後、しあわせになれる人となれない人に2分化する傾向があります。 安定した収入があっても しあわせになれない人 自らが望んでした離婚のはずなのに しあわせになれない人 周囲 …

愛と執着
愛と執着

誰もが感じたことのある〇〇心。 「わたしはあなたをこんなにも愛しているのに!」 「あなたのために(なにかを犠牲にしてまで)尽くしている」 「あなたが居ないとわたしは辛い」 このような気持ちを、パートナー・配偶者・子・親・ …

幼稚園から高校までの子どもの教育費と大学進学にかかるお金の話
幼稚園から高校までの子どもの教育費と大学進学にかかるお金の話

人生の三大支出ともいわれる教育費。 シングルマザーにとっては、子どもの教育費は大きな負担です。 子どもが望めば大学も行かせてあげたい・・そんな風に思って頑張っているシングルマザーは多いと思います。 では実際に教育費にはど …

夫婦関係修復を目指す女性に知ってほしい5つのチャレンジ
夫婦関係修復を目指す女性に知ってほしい5つのチャレンジ

夫婦関係が崩壊していく・・・これは女性にとって考えたくもないような事なのではないでしょうか。 多くの女性にとってしあわせを感じる場所が家庭であり、夫に愛されること、子どもの成長を家族で喜び合えることが生涯を通してのしあわ …