夫に対して理由もなくがっかりしていませんか?

男女のすれ違い・夫婦関係円満・夫婦の会話結婚してみて「こんなはずじゃなかった・・・結婚てもっと良いものかと思っていたのに!」って悩んでいませんか?現実は、家事育児に追われて余裕もない。夫はそんな私に気付いてるのかいないのか、のほほんとして見えるし、自分ばっかり大変な思いをしてる気がする、どうして夫は手伝ってくれないの?気付いてくれないの?私こんなに大変なのに~!って、ひとりでイライラしてたりしませんか?大丈夫。そんな風に感じているのは、あなただけじゃないのです。

妻の大半が、夫にイライラしている

べつに夫が憎いわけでもないし、夫を愛していないわけでもなくて。女性と男性では考え方が違うので、夫にしてみたら何でもないことが妻のイライラスイッチを押してしまうのです。上記の家事育児で妻の大半が夫に「助けて」「手伝って」と言わず(言えず)、ひとりで勝手に頑張って、ひとりで勝手にイライラしてるんですね。だって自分でやった方が早いし・・・そう、それなんです!イライラする前に「手伝って欲しいな」と伝えてみませんか?上手に甘えて負担を軽減させてもらいましょう!

男は言わないと気がつかない生き物

妻の表情や態度から「妻の気持ち」を読み取ることが苦手な夫はとても多いのです!「見て感じ取って!」と念を送り続けるよりも、「私、いま大変なの!お願い、手伝って!」と伝えてみたら快く引き受けてくれるはずです。男性は、言わないと気がつかない生き物なんです!

 男性脳と女性脳の違いから見る夫婦の会話

女性の好むコミュニケーションは「共感」だと言われています。自分の気持ちを誰かに分かってもらえることで、気持ちの繋がりを確かめる事をコミュニケーションと考えています。対して男性のコミュニケーションは成功への道を掴みたいという気持ちの表れでもある「有益な情報を掴むこと」だと言われています。この脳の違いからでもわかるように、結婚生活の中で妻は夫に共感を求めるけれど、夫はそこに気が付きません。むしろ有益な情報の会話なら率先してリードしてくれるはずです。また、女性は目標達成までの過程を楽しみ、男性は目標達成する事を重要視します。ああじゃないこうじゃないと言いながら会話の過程を楽しむ女性と、「で、結論はなに?」的な男性。これは脳の違いによるもので、決して愛情がないとか悪気があるわけではないのです!

違う生き物だと割り切って考えると上手くいく!

からだの構造が違うのだからこころのつくりも違うのです。パートナーに過剰に期待しないで、違う考えを認めていく、割り切って考えることがいつまでも良い関係を長続きさせる秘訣。自分とは違った一面を発見して「ああ、この人ってこう考えるのね」と認めることが大事なのです。

カテゴリー: 修復, 埼玉離婚相談ブログ
タグ:

初回の方限定でプレゼント中!

初回の方限定でプレゼント中! 埼玉夫婦問題カウンセリングセンター代表・大野まり子が、【あなたにとっての幸せをあなた自身が納得した形で掴む】お手伝いを致します。夫婦のトラブルは早めに相談、早めに解決!今なら30分間無料にてカウンセリングを実施中です!

宜しければシェアして下さい!



関連記事一覧

なぜ悲しくて悔しいのか、その本当の原因を知って乗り越えよう
なぜ悲しくて悔しいのか、その本当の原因を知って乗り越えよう

愛情が憎悪に変わる瞬間があることを知っていますか? パートナーの裏切りがわかった時、今までの愛情が憎しみに変わってしまう…そんな経験、あなたにはありますか? 信じていた分だけ、愛していた分だけ、その振れ幅は大きく、感情の …

【相談事例】生活費を入れてくれない、性生活も全くない夫と離婚したい
【相談事例】生活費を入れてくれない、性生活も全くない夫と離婚したい

結婚1年、20代女性、子供なし。 結婚してから一度も生活費を入れてくれない主人のことで相談です。 主人は会社員として真面目に働いているようですが、生活費を入れてくれません。 給料明細も一度も見せてもらえず、いくら収入があ …

【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます
【相談事例】淋しいと不倫を繰り返してしまいます

結婚9年、30代女性、子ども1人。 6年前に夫の浮気が発覚、その後夫は浮気相手との関係も終わり何となく現在に至ります。 今の生活そのものに不満があるわけでは無いのですが、私のほうが夫に対する不信感が拭えきれずにいること、 …

専業主婦で離婚を考えている人必見!必ず準備しておきたい3つのこと
専業主婦で離婚を考えている人必見!必ず準備しておきたい3つのこと

感情に任せた離婚が最も危険 本気で離婚を考えている人にはぜひ参考にして頂きたい記事です。 口先だけで「離婚したい」と言っているうちは、まだその時期ではありません。 本当に離婚をする時は、同じ空気を吸うのも嫌になります。 …

産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】
産後、夫への愛情が急激に冷めていく【産後クライシス】

【産後クライシス】という言葉を聞いた事がありますか? 昔は「産後うつ」「マタニティブルー」などと言われていました。 ホルモンバランス、子育てに対する不安、出産に伴う生活スタイルの変化、体調不良などが原因で産後2年以内に夫 …

離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。
離婚後のママと子どもの姓、離婚後に悩まないために。

離婚をしたら妻の姓は除籍され、旧姓に戻ります。 でも子の姓は放っておいたら夫の姓のままなのです。 知らずにいると、親権や養育権を取って一緒に住んでいても母子で姓が違っていた・・・なんていうことになってしまうかも知れません …

【相談事例】認めてもらえない夫
【相談事例】認めてもらえない夫

結婚18年、40代男性、子ども2人。 自分では離婚を考えるほどではないのですが、何をしても妻が認めてくれません。 事の発端は7年前の私の浮気が原因だと思います。 反省し女性とはすぐに関係を終わらせましたが、それまで優しか …

修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動
修復したい人が浮気をされた時にしてはいけない5つの行動

夫のスマホを見ない! 他にも隠していることがあるのでは?浮気相手の情報が欲しい!どんなやり取りをしているのだろう・・・等浮気が発覚したら考えてしまうこともありますよね。 そんな時、ついつい夫のスマホに手が伸びることがある …

【相談事例】しあわせになるのが怖い
【相談事例】しあわせになるのが怖い

結婚1年、30代女性、子ども1人 連れ子再婚しています。今の夫はバツイチ子なしです。 私の離婚理由は、度重なる前夫の浮気と酒乱による暴力でした。 毎日が不信感と恐怖心で、自分が安堵する場所もなくなり そのうち前夫は子ども …

修復に繋げたいときに乗り越えなくてはならない壁とは。
修復に繋げたいときに乗り越えなくてはならない壁とは。

あなたのしあわせは、あなたに決定権がある 2015年、わたしがお受けしたご相談について、修復を目指す方が6割、納得のいく離婚をしたいという方が4割という比率でした。 後悔しない選択をするためには、自分に正直に、自分の気持 …